ジャグラー全般 企画

6号機ジャグラーのREG回数はどれくらい推測要素や履歴打ちの参考になるのか?

2022年8月16日

ジャグラーをよく打つ時に設定推測要素としてREG出現率を重要視している方が多いことでしょう。しかし一時的に運よく引けたREGによって推測を惑わさせることもしばしば。

設定差が一番大きく設定推測要素として最も信頼できますが、少ないゲーム数での推測は困難です。

もし設定1と6しか使用していないホールであれば短いゲーム数でも信頼できる要素となりますが、大半のホールは中間設定を混ぜた稼働を重視する営業をしていることでしょう。

それでは回転数が増えるにつれて現行のジャグラー3機種のREG回数にどれくらい差が出るかを見ていきましょう。

アイムジャグラーEXのREG回数推移

アイムジャグラーEXの特徴は設定5と6のREG確率が同値で、まずは設定56かそれ以下かが推測の第一段階となります。

設定1と5・6で約1.7倍ほどあるREG確率ですが1000ゲームでは1回程度しか差が生まれず、明確な差が出てくるのは3000ゲーム以上は必要となります。

冒頭でも書きましたが設定1か5・6かと言う状況であれば3000ゲームでも十分かもしれませんが、中間設定の3や4と比べるとまだまだ差は僅少です。

REG確率が終日1/300付近を行ったり来たりしているアイムを打った経験が多い方も多いのではないでしょうか。この台が中間設定だったのか?設定56だったのか?は正直店長のみぞ知る、と言うことです。

個人的には現行のスペックのなかで高設定の機械割が低いアイムでは2000ゲームも回してREGが付いてこなければヤメても良いと思っています。

ホールの高設定として一番使用されているのはおそらく設定5なので捨てても止む無しと言う気持ちも必要かもしれません。

マイジャグラーⅤのREG回数推移

次にマイジャグラーⅤのREG回数推移を見ていきましょう。

マイジャグラーⅤは現行ジャグラー3機種のなかで設定6の機械割が最も高いです。それ故、その使用頻度はかなり低いとされ現実的に狙える高設定は5と言えます。

設定1~5のREG回数の推移を見てもアイム同様3000ゲーム程度では判断が付きにくいです。しかしアイムとは違い設定5でも十分な収支を得ることができるので推測が中途半端なところで捨てたくはないところ。

設定4を許容範囲として打てるならREGが1/300を切っている間は続行がベストかもしれません。

ファンキージャグラー2のREG回数推移

最後にファンキージャグラー2のREG回数推移を見ていきましょう。

ファンキージャグラー2は他の2機種に比べて設定1~6間で最も確率差が小さいです。

個人的には5号機の頃からREG回数が付いて出玉があっても常に不安なジャグラーでした。それは6号機にも継承されているのかしれません。

ファンキージャグラー2はホールで数回しか打ったことがないので台数の多いホールでBIG走っているうちは序盤でREGが足りてなくても続行…としか言うことができません。

5号機のファンキー同様設定1の機械割が他の2機種より高めと言うこともあり、出玉と相談しながら押し引きを図ることが重要でしよう。

履歴打ちならアイムが◎

夕方から打つ場合、REG確率が中間設定と設定56の確率差が一番大きいアイムが狙い目です。一番良く使われている高設定が5とすれば、ある程度まとまった出玉を獲得したりBIGの引き負けでヤメて行く人が多いのも拾える要因でしょう。

REG回数はもちろん少しでも総回転数の多い台に座ることを心掛けましょう。

中間設定にいつまで騙されるか?が鍵

正直ジャグラーは終日打っても正確な設定は見せてきません。

低設定を打ち続けることはもちろん厳禁ですが、ジャグラーを打ち続けるうえで一番重要なのは中間設定かもしれない?となった時のヤメ時です。

REGの出現率を参考に自分なりに決めたボーダー(1/300以上など)と交換率と相談しながら押し引きを考えましょう。

-ジャグラー全般, 企画

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2022 All Rights Reserved.