アイムジャグラーEX(6号機) マイジャグラーV 企画

アイムの好感度が再び爆上がり!?【ジャグラーを好きになりたい! 31回目】

2022年4月8日

ブエナスノーチェス…こんばんは、マサ内藤です。

お待たせしました!

誰も待ってないと思いますが(^_^;)

今回はいよいよMOTHER3です!!

「またMOTHERシリーズの話か。もう勘弁してもらいたいわ…」と思った方、申し訳ありません。

MOTHERシリーズの話は今回で最後にしますので、もう少しだけお付き合い下さいm(_ _)m

オープニングは双子の兄弟が母親の実家で楽しく遊んでから、彼女が用意してくれた大好きな料理(MOTHER1・2と同じくプレイ開始前に入力します)を食べる場面。

このゲームは章仕立てになっていて、この後から第1章がスタートするのですが…

いきなり、悲劇が訪れます( ゚Д゚)

ゲームとはいえ、序盤に悲惨なストーリーが展開されるとやるせない気持ちになるし、テンション下がりますよね…。

第1章は主人公(双子の弟)の父親一人で戦闘するのですが、PSI(超能力)を使えないため、グッズ(アイテム)で対処するしかありません。

武器や防具も数種類しか用意されてないので戦闘は苦痛でしかなく、テンションは下がる一方。

所々にクスッと笑える要素は散りばめられているとはいえ、第2章・3章も同様に陰鬱な雰囲気のまま進みます。途中で投げ出したくなりましたが、

第3章の主役、猿のサルサの可愛さと健気さに心を打たれ、絶対にクリアしてやろうと決めました!

第3章までは戦闘が厳しかったのですが、第4章から主人公を操作できるようになり、第5章で4人(正確には3人と1頭)になると戦闘が楽しくなり、ストーリーにも引き込まれていきました。

MOTHER2でおなじみの「どせいさん」も登場しますしね(*´▽`*)

そして、無事エンディングを迎えたのですが、プレイした感想をひと言でいえば、

凄いゲームだった!

これに尽きます。

陰鬱な雰囲気のままゲームが進み、ハッピーエンドとは言い難い結末になるのですが、それでもプレイして良かったと思わせるストーリーのゲームなんてなかなか出会えません。

伏線のほぼ全てが回収されていることにも感心しました。

ちなみに、敵は一癖も二癖もあるキャラが揃っているのですが、最も印象に残ったのは「キングのぞう」です。

隠しキャラ的な存在で、3回調べて敵意を表さないと戦闘にならないのですが、HPが「99,999,999」もあるんですよね( ゚Д゚)

もちろん、普通に戦って勝つのはほぼ不可能。

「おおみそか」というグッズを使えば残りHPを「1」にできるので、楽勝なんですけどね(笑)。

このゲームのキャッチコピーは、

「奇妙で、おもしろい。そして、せつない。」

なのですが、まさしくその通りのゲームでした。

以上、MOTHERシリーズに興味のない人にとっては「やっと終わったか…。たまにはゲームじゃなくてプロレスの話でも書けや!」というお話でした(^_^;)

 それでは実戦に移りましょう。まずは実戦ルールのおさらいです。

【ジャグラー実戦の条件】

*1回の投資は最大1万円まで
*高設定の確信を持てなければ100G+α消化時点でヤメ
*ボーナス合算確率が1/140以上で、できればREG確率が1/300以上の台を打つ

 夜7時過ぎに最寄駅前のホールを覗くと、ボーナス合算確率が1/135(3515GでBIG10回、REG16回)のマイジャグⅤが空いていました。

BIG確率は設定1を大きく下回っていますが、REG確率は設定6を余裕でぶっちぎっています。

ジャグラーに慣れた人なら高設定の可能性アリと見て、喜んで打つのかもしれませんが、私はREGに偏っている台を打って良い思いをしたことがないんですよね(^_^;)

不安な気持ちで打ち始めると、

89G目にペカってくれました(中押し)!

REGでしたけどね…(´・ω・)

嫌な予感がしたももの、

次は60G目にペカり、さらに26G→25Gと、ジャグ連が炸裂!

ボーナスは全部REGでしたけどね…(>_<)

その後、207G目に待望のBIGを引くも出玉をノマれ、ブドウ確率も良くなかったのでヤメ。

高設定でBIGのヒキ弱だったのか、低設定でREGのヒキ強だったのか分かりませんが、ここまでボーナスが偏るとは…ジャグラー、恐るべし(^_^;)

 帰宅してゲームをプレイしようかと思いましたが、ボーナス合算確率が1/131(3147GでBIG16回、REG8回)のアイジャグに空き台を発見。

今度はBIGに偏っていて、REG確率が微妙なので、前に打っていた人がBIGのヒキ強だった可能性はありますが、とりあえず打ってみることにしました。

すると、

投資3000円で先ペカ。

レインボー点灯だったので(写真では伝わらないと思いますが…)、BIG確定です!!

さらに、59G目に再び先ペカと、ジャグ連に成功!

REGでしたけどね…(´・ω・)

嫌な予感が漂ってきましたが、

84G目に逆押しからレインボー点灯!!

逆押しなのでBIG確定なのは分かっていましたが、プレミア演出が発生するとテンション上がりますよね(*´▽`*)

次のボーナス(BIG)は100Gを越えたものの…

ここから怒涛のジャグ連が炸裂!!

100G以内でボーナスが9連しちゃいましたよ(^O^)

その後、170G消化したトコロで大事を取ってヤメましたが、プレミアのレインボー点灯を2回も拝めたうえに、5G以内のBIG連チャンによる歓喜の歌も聴くことができたので大満足です。

実戦データはこんな感じです。

マイジャグラーⅤ
89 REG 3000円
60 REG
26 REG
25 REG
207 BIG 1000円
216 ヤメ

アイムジャグラーへ移動
80 BIG 先ペカ レインポ― 3000円
59 REG 先ペカ
84 BIG レインボー
115 BIG
32 REG
51 BIG 先ペカ
6 REG チェリー
76 BIG チェリー
82 BIG
3 BIG 先ペカ 歓喜の歌
19 REG 先ペカ
170 ヤメ 1298枚

収支:+20500円(47枚貸し/等価)

今回の勝因はアイジャグで怒涛のジャグ連を炸裂したことに尽きます。

グラシアス、アイジャグ!

前回のコラムで好感度がかなり下がったと書いたのですが、今回で好感度が激上がりしました。負ければ好感度が下がり、勝てば上がる。我ながら単純な性格だと思いますけどね(^_^;)

それにしても、REGに偏っていた台は私が打ってもREGに偏り、BIGに偏っていた台はBIGに偏るのだから不思議です。

だからといってREGの偏っている台を避けると高設定を逃すことになりかねないので、ボーナス合算確率はもちろんですが、REG確率にも注目して立ち回っていきたいと思います。

アイジャグの苦手意識も払拭できたので、ここから連勝街道を躍進していきたいですね。

それでは、その時まで…
トランキーロ、あっせんなよ!

ジャグラーを好きになりたい!!

パチスロをこよなく愛しているが、今まで起こった経験の中から苦手意識があるためにジャグラーを避けている。ただ、心の中では好きになりたいと思っているマサ内藤が実際にホールでジャグラ―を打ってみたら好きになれるのか見守っていく、ドキュメンタリーコラムとなっている。

-アイムジャグラーEX(6号機), マイジャグラーV, 企画
-, , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2022 All Rights Reserved.