ファンキージャグラー2 企画

病院とファンキー2の1000円勝負【英世さん1本勝負55枚目】

2022年2月18日

皆さん、ご機嫌いかがかな。カバオだ。

とくに大きな持病もなく、一度も入院したことがない私にとって、病院は少し緊張する空間だ。内科だろうが、皮膚科だろうが、眼科だろうが、どんな診療科でもそれは変わらない。

――私は10代中盤から視力が急激に落ち、20代からはコンタクトレンズを常用している。

別にメガネでも問題ないのだが、慣れてしまえばコンタクトのほうが楽チンだ。

メガネと違って、基本的に顔からズレることもなければ、風呂にもそのまま入れる。マスクで曇ることもないし、タバコを吸っても煙が目に染みない。

若い頃は「コンタクトなんか、色気づきやがって(見た目に気を遣いやがって)」と友人に言われることが結構あったものだ。

正直なところ、色気づきたい部分があったのも事実だが、実際に装着するとオシャレさよりも快適性が優った。

そもそも、コンタクトにしたからと言ってモテるようなことは一切なし。

残念な話である。

ご存知の方も多いだろうが、コンタクトを購入する場合(前回から一定期間空いた場合は)眼科で診察を受けることが義務付けられている。

数週間前、私は使い捨てコンタクトが切れそうになったので、久々に眼科を受診することになった。

医師が診察する前に、担当の人から購入するコンタクトの種類を聞かれたり、簡単な視力検査などを受ける。

そして、いよいよ診察室へ。

眼球を検査するためのゴツい装置に顎を乗せると、すぐ対面にいる医師がレンズを覗き込み、目の傷や異常をチェックする。

幸い、今回も私の目に異常はなく(今まで一度もない)、初老の医師に「キレイな眼球だねぇ」と褒められた。あまりピンと来ないけど、ひとまず喜んで良いのだろうか。

どっちにしろ、検査はもう終わりだ。暗幕で覆われた診察室は居心地が悪く、病院というだけでも少し緊張してしまう私は、早くその場を去りたかった。

しかし、医師の話は止まらない。

医師「いつから視力が悪くなったの?」
カバオ「高校に入る頃ですかね」

医師「何か原因があった?」
カバオ「分かりませんけど、暗い部屋で本を読んだりしていました。それが一因かもしれません」

医師「全然違うよ、それ」
カバオ「え?」

医師「遺伝だよ、遺伝。どっちかの親は目が悪いでしょ」
カバオ「いやぁ、どうですかね。最近は2人とも老眼ですけど、昔からメガネをかけていた記憶はないです」

医師「兄弟はどうなの?」
カバオ「ああ、姉は目が悪いですね。兄の視力は良いです」

医師「あのね、両親のどちらかの目が悪いと、大体50%で遺伝するんだよ。あなたの家族の場合、3人中2人に遺伝したってこと。これ、最近の論文で発表されたの」
カバオ「はぁ」

――この話を聞いて、私はどんなリアクションをするのが正解なのだろう。

いきなり遺伝の話をされても、どうしようもないじゃないか…。

医師「あなた、子どもは?」
カバオ「いや、いません」

医師「50%で遺伝するからね」
カバオ「…そうですか」

医師「気をつけて」
カバオ「…はぁ(何を気をつけるの?)」

医師「それじゃ、もう結構です」
カバオ「あ、ありがとうございました(俺、何を感謝してるんだろ?)」

うして、謎の説明を5分ほど受けて診察室を後にした。

一方的に我が家族の遺伝性疾患を解き明かし、将来に向けても暗い話題を提供してくれた初老の眼科医。

彼は何をしたかったのだろうか。

ただ単に暇だったのか、話し相手が欲しかったのか。悪気はないように見えたけど、それはそれでタチが悪い。そもそも、論文とやらは正確な情報なのだろうか。

どうせなら、視力回復の方法などを教えてくれれば良いのに。

いや、あまり考えすぎても仕方ない。じいちゃん先生のような人もたまにいるものだ。こうして「英世1本勝負」のネタにもなったし、一つの良い経験だろう。

こうしてポジティブに捉える自分がいる一方、さらに病院が苦手になった自分もいた。

本題に入る。

2月に入ってからは6号機ジャグオンリーの勝負。今回は『ファンキージャグラー2』で立ち回ってみた。

■今回の結果
実戦台数…7台
投資金額…7000円
トータル差枚数…-322枚
トータル収支…-7000円

■ピックアップ実戦
ファンキージャグラー2

28 BIG 1000円 チェリー同時当選 ガコマシンガン
142 BIG
203 BIG
6 BIG
197 REG
59 REG
233 REG
245 ヤメ

今回、唯一英世1本でヒットして、それなりに伸びたデータがこれ(それでもかなり短いが)。

いきなりチェリー同時当選&ガコマシンガンが発生し、幸先が良いと思っていたのだが、ジャグ連は発生せず。

3回目のBIG後は連チャンしたものの、以降はREGが続いてコインを徐々に減らし、最終的には何も残らずジ・エンドだ。

次回は少額でも良いから、なんとかプラス収支で終えたい。

英世さん1本勝負

1台あたり1000円(=英世1本)のみ打つ企画。ボーナスや当たりを引ければ勝負を続行(ヤメ時は臨機応変に対応)、引けなければ即座に台移動する。実戦人は1ヶ月間にできる限り勝負を敢行し、その結果を隔週くらいで公開予定。

-ファンキージャグラー2, 企画
-, , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2022 All Rights Reserved.