企画

GOGO!ランプ中毒の方が健全!?【英世さん1本勝負 5枚目】

2019年12月3日

皆さん、ご機嫌いかがかな? 東京の下町で雑貨店を営みながら、ジャグラーでの英世1本勝負に挑み続けているカバオだ。5回目となる今回も好き勝手なことを書きつつ、最後に実戦を振り返りたい。

皆さんもご存知の通り、ここ最近は薬物関連で逮捕される有名人が相次いでいる。ざっと調べただけでも、ピエール、ジェシー、エリカ、マーシーetc……やけにカタカナが多い気もするが(マーシーは若干強引)、それ以外にスノボやラグビートップリーグの選手なども捕まっている。

これは警察や麻薬取締官がしっかりと仕事をしている証でもあり、芸能界やスポーツ界の一部に薬物が蔓延している証でもあるのだろう。私の好きな「東スポ」によると、今後も大物の逮捕劇があるかもしれないので、それなりに注目してみたいと思う。

それにしても、なぜ人々は薬物に手を出すのだろう。日常生活の刺激では物足りず、身近な知り合いに誘われ、「悪いことをしている」という背徳感もクセになり、そのままドップリ……という感じなのだろうか。それぞれ事情はあるだろうし、下町の平凡なオッサンには分からない。

しかし、いずれにしろ日本に住んでいる以上、法律でダメなものはダメ。

これは誰でも知っている理屈である。下町のヤンチャな悪ガキでも知っているはずだ(少し不安だが)。法律自体の是非に議論の余地はあるかもしれないが、その結論は未来の社会が決めることであって、現時点のルールを拒否できるものではない。

さらに、薬物は法律的にNGというだけでなく、身体的にも社会的にもリスクが大きすぎる。もし私の生活環境が薬物に近い場所だったとしても、仕事や周囲の信頼を失うのが怖いし、できれば長生きしたいし、そもそもそこに払う金もないので、手を出さない(出せない)だろう。

金がなくても、クラブで遊べなくても全く問題ない。下町で友人、家族、仕事仲間とのんびり暮らしていければ十分だ。

それにドラッグなんぞに頼らなくても、すでに私は日常生活で十分な快楽を得られている。

たとえばお酒。居酒屋で気の合う仲間たちと楽しく過ごすことで、日頃のストレスも解消されるし、心も満たされる。1人だけの晩酌だって、心地いい時間を過ごせるものだ。

時には気分が乗らないこともあるが、基本的には「テンションが上がるもの」「気持ち良くなるもの」として服用(?)している。ただ、飲みすぎて妻に怒られるリスクが常に存在しているので、そこだけは気をつけている。

そして、パチスロ。最初は知り合いに誘われ、刺激を受けて、ドップリとハマった。……なんだか冒頭で同じような話をした気もするが、こちらは合法である。一部ではギャンブル依存の問題が取り沙汰されているものの、お酒と同様に適度な分量を守れば楽しく遊べるものだ。

ホールへ行く前に何を打とうか考え、入店したら良台を探し回り、打ち始めたら設定看破関連の数値や演出などに一喜一憂する。最終的な勝ち負けは当然重要だが、一連の過程も捨てがたい魅力だろう。

必ずしも毎回テンションが高まるわけではないものの、私にとってパチスロは欠かすことができない大切な服用薬である。

今後も末永く、妻に怒られない程度に接していきたい。

■2週間の結果

実戦台数…12台(英世12本)
ボーナスHIT…計3台
トータル収支…-12000円

■ピックアップ実戦

ゴーゴージャグラー

21 BIG 1000円

142 REG
170 REG
58 REG チェリー同時当選

54 REG
105 ヤメ

今回は計12台打って、英世1本でヒットしたのは3台。これ自体は決して悪くないのだが、結局プラスにできたのは0台…と残念な結果になってしまった。ピックアップしたデータは小気味よくボーナスがヒットしたものの、最初以外は全てREGに偏ってジ・エンド。

もしかしたら高設定で、そのまま打ち続けたら勝利できたかもしれない。しかし、この企画は追加投資NGである(基本的に使えるのは最初の1000円だけ)。ルールを考えた人間を恨みつつ……と言っても私自身なのだが、とにかく後ろ髪を引かれる思いで台を離れた。

英世さん1本勝負~タッチ&GOGO!~

ジャグラーを1台あたり1000円(=英世1本)のみ打つ企画。ボーナスを引ければ勝負を続行(ヤメ時は臨機応変に対応)、引けなければ即座に台移動する。実戦人は1ヶ月間にできる限り勝負を敢行し、その結果を隔週くらいで公開予定。

-企画
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.