企画

ジャグラーで勝つための最も重要な台選びのポイントまとめ |朝イチ~夕方の立ち回り

2022年1月24日

ジャグラーで勝つためには台選びが9割と言っても過言ではありません。ATやART機と違って誤爆が起きにくく長い目で見て高設定を打てていないと確実に収支が上向くことはありません。

高設定を打てば勝てる可能性が高いのは誰でも周知の事実。これがなかなか実践できないところにジャグラーの難しさがあります。

今回は基本に戻ってジャグラーの台選びや立ち回りをおさらいして行きましょう。

朝イチの台選びのポイント

まずは朝イチの台選びから。休日などに朝から打っている時の自分と重ねて確認してみて下さい。

当日打つ台は前日から絞っておこう!

当日ホールへ行って台を探していては他のお客さんに出遅れてしまいます。

前日に下見に行って狙い台を絞っておくのが理想ですが今はデータ公開サービスも充実しているので、そういったサービスを利用するのも良いでしょう。

一度選んだ台はある程度様子を見る

数千円程度打って移動している方を多く見かけますが、最初に選んだ台が一番打つ理由が強かったと思われますので、その台で少し長めに様子を見る方が良いでしょう。

設定差のあるREGや小役が悪くて不安になることも多いでしょうが、朝から突出した高設定挙動をするような展開は少ないので最低でも1000ゲーム、できれば2000ゲームは様子を見ながら他の台の挙動も併せて押し引きを考えましょう。

ほかに良い挙動の台が空いた場合

ジャグラーは短時間でボーナスが偏って中間設定以下でも高設定っぽい挙動をすることが多いです。

もし自分の台よりも履歴の良い台が空いてもその台が自分の朝イチ打とうと思っていた第3候補以内入っていなければ安易に移動することはオススメできません。またその台が結果、高設定だったとしたら自分の第3候補にも入っていなかった訳ですから台選びをもう一度考え直した方が良いでしょう。

夕方からの台選びポイント

夕方から高設定を狙う、いわゆる履歴打ちは多くの方が実践できるジャグラーで勝つ方法の1つです。しかしこの履歴打ちで結果が出ていない方が意外と多いのではないでしょうか。

それは履歴打ちにある大きな落とし穴が原因です。

夕方から打つ時の履歴打ちの落とし穴

①都合良く高設定が空いていない
これが台選びを妥協させ収支を伸ばせない大きな原因です。大半の方は打つ事が目的で会社帰りや用事が終わって来店している訳ですから無理矢理にでも理由を作って打とうとします。

少し足りていない位なら…と妥協して座ってしまったり、今はハマっているがこの後出そう…などの希望的観測で座ることはプラス収支を目指すためにはヤメておきましょう。

①残り時間が少ない時の無理な投資

再プレイを利用している方なら問題はありませんが、現金投資の場合閉店時間が近いと例え高設定に座れていたとしても換金ギャップで負けてしまいます。

出来れば閉店1時間前からの現金投資は避けるようにしましょう。

総回転数は多い程◎

1000ゲーム程度で高設定っぽい空き台は探せばあるかもしれません。しかし夕方からある程度参考になる数値を利用できるメリットを生かしているとは言えません。

当然高設定の可能性もありますが、安易に飛びつくのはヤメましょう。

現在の履歴以外に打てる理由を探す


前日からの据え置きの可能性など現在の履歴以外に打つ事を押す理由を探しましょう。

当日の履歴にプラスして何か強い要素があり2つ以上打つ理由があれば心強いです。

これを読んでいる方の中でも同様の立ち回りで収支を伸ばせていない方は多いのではないでしょうか。

私自身も台移動の失敗や見た目の出玉に飛びつき何度も失敗して経験はあります。最後の項目でも書きましたが必ず2つは打てる理由を持って台選びをしましょう。

-企画

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2022 All Rights Reserved.