企画

ジャンキージャグラー・ホール店長の様々な用語や使用例を解説【ほぼ毎日流ジャグペディア#51】

2022年1月7日

今回の用語
【ジャンキージャグラー・ホール店長】

読者の皆さん、こんにちは!

この企画を担当しております、自称・宗教法人「輝輝(ゴーゴー)御霊の会」、代表の相武剛です!

毎度おなじみ「ジャグペディア」は、ジャグラーシリーズを含めたパチスロ全般で使用される重要用語と、実際にホール内や日常生活で用いる場合の「例文」をご紹介しています!

連載を読むほどパチスロレベルが向上すること間違いなし!

それでは今回も行ってみましょう!

ジャンキージャグラー(じゃんきーじゃぐらー)

出典:ほぼ毎日流『ジャグペディア(Jugpedia)』

概要


2008年4月に発売されたジャグラーシリーズの一つで、5号機における第4弾。同年10月に「レッドパネル」、翌2009年4月にはグリーンパネルも発売された。愛称は「ジャンジャグ」「ジャンキー」。

基本的なゲーム性は従来のジャグラーシリーズとほぼ変わらず、ボーナス成立時の1/3は後告知、1/4は先告知となる。先告知のタイミングはレバーON時、リール始動時(リールが回転した瞬間)、停止ボタン有効時(ボタンのランプが点灯した瞬間)の3つ。BIGでの獲得枚数は約309枚、REGは約143枚だった。

プレミア演出も複数存在しており、主なものは以下の通り。

■レバーONから第3停止まで無音
■レバーON時に筐体上部の丸形ランプが一瞬点滅
■レバーON時にファンファーレが発生など

プレミア演出が発生した場合はいずれもBIG確定となる。

なお、BGMが変化もあり、ボーナス終了後5ゲーム以内にBIGが成立した場合はBGMが「歓喜の歌」に変化した。

「グリーンパネル」が登場して以降、ジャンキージャグラーの後継機は一度も発売されておらず、2021年12月現在で6号機の後継機がリリースされる予定もない。しかし、当時はそれなりに多くのファンを抱えていたため、いずれは発売される可能性も考えられる。

ホール内での使用例


「ジャンキージャグラー? 覚えていないなぁ」
「ジャンキージャグラーは赤パネルが格好良かったんだよ」

日常生活の場合


日常生活において「ジャンキージャグラー」という言葉を使う機会はほぼない。

ただし、言葉そのものの意味である「熱狂的・中毒的な曲芸師(詐欺師)」として用いる可能性はある。また、愛称である「ジャンジャグ」と似た言葉を使用することも考えられる。

日常生活での使用例


「あの曲芸師、いつも妙にハイテンションだな。ジャンキージャグラーかも」
「6月に盛岡市で行われるお祭りって、ジャンジャグ馬コだっけ?」

ホール店長(ほーるてんちょう)

出典:ほぼ毎日流『ジャグペディア(Jugpedia)』

概要


パチンコ店の業務・運営全般を管理する責任者。小規模店の場合は経営責任者であるオーナーを兼任する場合もあるが、基本的に数店舗以上展開するグループ企業では1店舗の業務を管理する立場となる。また、その権限は一定範囲に限られる(企業によって店長の権限は異なる)。

ホール店長の主な業務は以下の通り。なお、実際の内容はホールによって大きく異なる。

・パチンコやパチスロにおける設定配分などの調整
・新台入替(撤去・入替機種の選定)、配置図の検討
・広告(折込チラシやSNSでの展開など)の検討
・アルバイトなどのスタッフ採用
・接客教育、人事考課
・トラブル対応、不正対策

パチスロにおける設定配分はホール店長のほか、俗に「ホールコンサルタント」「設定師」と呼ばれる専門職に委託していることもあるが、最終的な責任は基本的に店長が担う。

また、広告案件やスタッフ募集などに関しても外部にアウトソースしている、もしくはグループ本部が管理している場合もあり、やはり店長の業務はホール(企業)によってバラツキがある。

なお、ホール店長は店舗の責任者であり、当然ながら給与は一般社員よりも高い。以前は激務だった時代もあるようだが、現在は働きやすい環境を作っている企業が多いようだ。

ホール内での使用例


「あそこのホール、店長が変わってから良い感じだぞ」
「バイトの面接で会ったホール店長、感じ悪かったなぁ」

日常生活の場合


あまり一般的ではないが、日常会話で仕事の話などをしている際に「ホール店長」という言葉を聞く可能性はある。

また、「ホール(hall)」を「穴(hole)」と誤用して用いることもあり得る。

日常生活での使用例


「高校の同級生がホール店長になった。いつも高い店で奢ってもらえる」
「いつもお店で特定のオプションをつける俺。ホール店長と呼ばれているようだ」

いかがでしたか?

『ジャンキージャグラー』はシリーズ化されておらず、ちょっと影が薄い…と思う方もいるかもしれませんが、ファンならばしっかり覚えておきたいところです。もしかしたら、6号機で復活する可能性があるかもしれませんしね。

それでは、また次回お会いしましょう!

ほぼ毎日流ジャグペディア

ジャグラーにまつわる言葉やパチスロ全体に関わる言葉(用語)をアトランダムに紹介していく企画。さらに、それらの用語を日常生活などで使いこなすための「使用例」も掲載していく予定です。

-企画
-,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2022 All Rights Reserved.