マイジャグラーⅢ 企画

マイジャグ3で連敗脱出して温泉獲得!?【湯けむりジャグ紀行 第25の湯 後半戦】

2021年12月11日


鎌先温泉「最上屋旅館」での入浴を賭けた勝負!

今回は宮城県白石市・鎌先温泉の最上屋旅館さんでの入浴を賭けて、ジャグラー勝負を行います。

↓湯けむり前半戦の模様はコチラ↓
湯けむりジャグ紀行 第25の湯 前半戦

詳しいルールは本企画の概要を見ていただくとして、とりあえず勝利しないと温泉には入れず、負けたら罰ゲーム執行です。

前回の東京編では負けているだけに、連敗は是が非でも避けたい!

 それでは、いざ実戦!

マイジャグラーⅢ

4 REG 1000円 チェリー同時当選
95 REG 1000円 先告知
166 BIG 3000円
2 BIG
80 BIG 先告知
98 REG
211 BIG
191 BIG チェリー同時当選
67 BIG
312 REG
144 REG
100 ヤメ

総投資:5000円
獲得枚数:415枚
収支:+2400円

いきなり1000円でGOGO!ランプが点灯し、幸先の良いスタートを切れました。

途中、2回ほど追加投資があったものの、計5000円目で引いたBIGからジャグ連が炸裂し、余裕を持った展開になります。

その後はイマイチな感じになったので、プラス域を保っている段階で勝負を終了。

ショボい勝ち額ですが、勝ちは勝ち

 さあ、温泉です!!


再び鎌先温泉へ!


最上屋旅館さんは超いい感じ!

前回も話しましたが、最上屋旅館さんは鎌先温泉の中でも老舗の旅館。江戸時代の創業で、外観を見ただけでも歴史を感じさせてくれます。「日本秘湯を守る会」にも加入しているようです。


いざ入館!


館内も趣がある!

最上屋旅館さんの日帰り入浴は500円。中に入るとレトロな雰囲気が漂っており、清潔感も十分あって、本当にいい感じ。温泉に入る前から満足感を得られます。


館内を少し歩いて…


風情がありますね!


撮影はここまで!

お風呂の入り口も昔ながらの引き戸で、脱衣所も皆さんのご想像どおりの佇まい。浴槽はこじんまりとしていますが、「薬湯」と言われる茶色に濁ったお湯は本当に素晴らしいです

ぬるめなのに、すぐに身体の芯から温まる感じ。お風呂から上がった後も汗がしばらく止まりませんでした。

お風呂の様子などは最上屋旅館さんの公式HPをご覧ください。


お風呂の後は…どこに?

さあ、念願の鎌先温泉を堪能した後は、白石グルメも楽しんじゃいましょう!

知っている方も多いと思いますが、白石は「白石温麺」が有名。

白石温麺(うーめん)は「そうめん」の一種ですが、油を使わずに麺を伸ばすのが特徴の一つ。長さも約9センチで、老若男女を問わず食べやすい麺です。


訪れたのは光庵さん!

本場に来たからには、食べないわけには行きません!

今回訪れたのは「きちみ製麺」さんが直営している「光庵」さん。最上屋旅館さんに負けず劣らず、こちらも風情のあるお店です。


変わり種メニュー…?


いやいや、超美味!!

オーダーしたのは一般的な醤油ベースの温麺…ではなく、光庵さんの名物の一つである「カレーうーめん」。

正直、これはスゲーです。語彙力が低下するぐらい美味しい

表面にかかったカレーも十分美味しいのですが、中にチーズや牛乳スープが隠れており、それらが渾然一体となって絶妙なハーモニーを奏でます(まだ語彙力が足りませんね…)。

それに、さっぱりしたうーめんとバッチリ合っているのも素晴らしい。写真だと上手に伝わらないのが本当に悔しいほど、個人的には歴代ベスト10に入るぐらいの「最強麺」ですね

もちろん、あくまでも個人の感想なので、判断は皆さんにお任せしますが、まずは是非一度試していただきたいと思います。


ありがとう、白石市!

今回はジャグラーにも勝利し、温泉に浸かり、ついでに美味しい温麺も堪能しちゃうという、最高の1日になりました。

…なんだか自己満足ばかりで、観光紹介的な要素が強めな感も否めませんが(苦笑)、読者の皆さんにとって何らかのお役に立てれば幸いです。

それでは次回もお楽しみに!

宮城県鎌先温泉 最上屋旅館の詳しい情報はこちらでぜひチェックしてみてください。
鎌先温泉 最上屋旅館公式サイト

湯けむりジャグ紀行

まずは自分の入りたい温泉地へ出向き、近くのホールにあるジャグラーで勝負。勝てば温泉に入ることができるが、負けた場合はご当地の名物を5つ選び、それぞれ5個ずつ(5×5=GOGO!)食べなければならないという45歳のおっさんにとっては天国か地獄のような企画。

-マイジャグラーⅢ, 企画
-, , , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2022 All Rights Reserved.