企画

ボウリングで運動不足を解消してジャグラーでも勝利を目指す!

「55○○」してからジャグラーを打つ本企画、GOGOチャレンジ。今回は「食べる」回ではなくGOGOチャレンジ初となる「運動」回。

コロナが流行して以降、在宅での仕事も増えて慢性的な運動不足が今の3人の課題。手軽に軽微な運動ということで、今回はボウリングを選択。

今回の参加メンバーも僕、◎(ニジュウマル)、大食い名人小杉くん、雪印三吉。各々が500点をゲーム数制限なしで挑みます。

まずは3人のボウリングに関するスペックから。

◎(ニジュウマル)
ブランク:10年
アベレージ:130位
最高スコア:170位

小杉くん
ブランク:5年
アベレージ:140位
最高スコア:180位

三吉
ブランク:3年
アベレージ:130位
最高スコア:180位

3人ともかなりブランクのあるボウリング実践。さてどうなることやら。

まずは立ち上がりの模様がこちら。

波乱を予感させる第1ゲームの1フレーム目。

僕「こ、これは」

三吉「ボウリングってこんなに難しかったっけ?」

小杉くん「う、腕がすでに…」

そして今後を占う1ゲーム目の結果は…

三吉→76、小杉くん→99、僕→31。

31!

小杉くん「31って。目を瞑ってもこれ位行きますよ」

僕「ほら、目に見えるものがすべてじゃないしょ。まだボウリングに対して僕の心の目が開眼してないだけだよ。逆にね」

三吉「みんなこのペースだと何ゲーム投げることになるか分からないよ」

・・・・・・・・

それにしても「31」とは。ブランクを抜きにしても世界記録なのではないだろうか。

気を取り直して2ゲーム目

まったく調子が出ない僕とは逆に何かを掴み始めた2人。

思い出せ!◎(ニジュウマル)。何かがズレている。

それが何か???

3ゲーム目

本調子を取り戻す2人。

そして僕もついに掴んでしまった。

それはボールの重さだ。

パワーボウリングの2人に対して僕は野球のピッチャーに例えるなら柔投派だ。

2人よりも重いボールを使用してパワーはボールで出す。これである程度の思ったイメージの投球ができるようになった。

僅か3ゲームの投球で3人のボディはすでにガタガタである。

後半戦、更なる試練が我々を待ち受けているとは…

後半に続く

-企画
-

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.