ファンキージャグラー 企画

ファンキージャグラー・設定6のスランプグラフを3段階的でチェック!|1000G/3000G/5000G区切り

ほぼ毎日ジャグラーニュースをご覧の皆さまこんにちは。少し前に配信しました新アイム・ゴージャグ2の設定6スランプグラフ記事がボチボチご好評いただきましたので、今回はファンキーの設定6のスランプグラフをお届けしようと思います。

ファンキーと言えばBIG変更型のジャグラーですよね! では設定6となるとどういう動きをするのでしょうか。ボコボコBIGが当たって5000枚とか出ちゃうんでしょうか!? それともバケがついてこなくて思ったよりも出玉が伸びないのでしょうか!?

それでは細かく見ていきましょう!

1000G

3000G

5000G

初っ端からファンキーっぽいデータになりましたね。3000Gまでに+4000枚くらい突き抜けた時にはどうなることかと思いましたが、そこからは現状維持程度の出玉に。これ、10000Gとか回せるホールだったらワンチャン万枚もあったんじゃないでしょうか!?

1000G

3000G

5000G

続いてもBRともにしっかり回数のついたこぜ6といった感じのグラフになりましたね。こんなファンキー打ってたら楽しいだろうなぁ。このまま閉店までレッツゴー!ですね。

1000G

3000G

5000G

頭の1000GはBIGが引けなくて苦戦しましたが、ゲーム数を重ねるごとに差枚のプラスが大きくなる展開。午前中で捨てていたら泣きたくなるようなデータですね。危ない危ない。

1000G

3000G

5000G

回転から1000Gは下皿でモミモミ、2500Gを過ぎたあたりからアホみたいに連チャンして一気にプラス2000枚オーバー。そのまま伸びるかと思いきやバケがついてこず少し出玉を減らして5000Gに到達しちゃいました。バケが足りない分だけ欠損したような感じですかね。

1000G

3000G

5000G

ついに負けのグラフが出てきました。今までのデータが出来過ぎという声もあると思いますが、こういうデータになることもあるぞ、と。それでもマイナス300枚にもなっていないのは優秀だと捉えるべきかもしれません。

1000G

3000G

5000G

4000Gあたりで一瞬だけプラス域に浮上しましたが、結局押し戻しきれずにマイナスのまま終了。全台系があるイベントとかでこういう台にあたると厳しいですね。

1000G

3000G

5000G

先ほどと同じようにプラス域に浮上できずに走りきってしまいました。こういう展開のデータがあるとこのシミュレータがちゃんと機能しているんだと安心しますが、これだけ負けが続くとちょっと不安になりますね(汗)。

1000G

3000G

5000G

1000Gまでを見た時点で「え?また負けるんですか!?」と思いましたが、しっかり持ち直してプラス域でフィニッシュ。ボーナス確率自体はそれほど良くないので、ぶどうが良かったのかもしれません。

1000G

3000G

5000G

我々が設定6はこんな風になるんだろうな〜と予想しているようなグラフじゃないですか? ハマったり連チャンしたりを繰り返しながら差枚をジワジワ伸ばしていきました。良いデータじゃないでしょうか!

1000G

3000G

5000G

最後はロケットスタートするもだいぶ下山してしまったデータになりました。北海道の上側のラインみたいなグラフですね。それでも出玉率にして105%なのでそれなりのプラスにはなっています。

ファンキーシリーズは間もなく6号機のファンキー2が導入されます。ファンキー2設置後ももう少しだけ初代ファンキーも設置されていると思います。

初代ファンキーが撤去されるまでに上の写真のような展開の設定6に巡り会いたいものですね。それでは今回はこの辺で失礼します。

-ファンキージャグラー, 企画
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.