ゴーゴージャグラー ゴーゴージャグラー2 企画

ゴージャグ2・設定6のスランプグラフを段階的にチェックしてみましょう|1000G/3000G/5000G区切り

ちょっと前に配信しました新アイムの設定6スランプグラフの記事がボチボチご好評いただいたので、今回はゴージャグ2の設定6のスランプグラフをお届けしようと思います。

朝から小気味良いジャグ連をかまして余裕こいていたら、おやつの時間くらいから突然グラフが下山し始める…。そんな体験したことありませんか? そんな台の設定はいくつだったのでしょうか? もしかしたら今回のデータの中にズバッと当てはまるものがあるかもしれません。

それではさっそくいってみましょう。どうぞ!

1000G

3000G

5000G

BIGが少々もの足りませんがバケが安定して引けていたおかげか、出玉は大きくマイナスになるシーンもなく順調に推移。この展開ならもうひと伸び欲しいところですが、終始負ける心配なく打てる展開で安心ですね。

1000G

3000G

5000G

朝イチの1000Gこそバケがついてこなくて「もしかして低設定のBIG引き強か?」と思うようなグラフになりましたね。

しかし5000Gの時点ではバリバリのこぜ6挙動に。こちらも安心安全のセーフティリードを保ちながら楽しく打てそうな展開でした。

1000G

3000G

5000G

壊れました。ゴージャグは壊れましたよ。5000G回しても合算確率が1/100を切っています。こんな台に座ってみたいものです。もし自分が打っていたら、このまま閉店まで打ち倒しコースでしょうな!

1000G

3000G

5000G

朝イチこそ苦戦して…って、最後まで持ち直さないパターンもあるんですね…(汗)。これはまさか設定6だとは思えないようなグラフとなりました。

全台系があるイベントで1台だけ凹んでる…みたいな台は、こういうパターンなのかもしれません。この展開が自分に降ってこないことを祈りましょう…。

1000G

3000G

5000G

終始軽快にペカリ続け、しかもBIGに寄っているという最高の展開。しかも出玉は5000枚近く吐き出しています。こういう展開を我々ジャグリストは待っていますね!

1000G

3000G

5000G

朝イチ1000Gではバケがついてこず不安になるような展開ですね。しかし5000Gまで回すとキレイに「現実的な設定6のグラフ」といった様相に様変わりしました。このデータを見て思うことは、「確率って収束するんだな」でしょうね。

1000G

3000G

5000G

1つ前のデータとは真逆で朝からBIGが追いついてこない滑り出し。しかしこちらもキレイに持ち直して3000枚オーバーの出玉を獲得。メチャクチャ優秀な台に化けました。化けたというか、正体を現したと言ったほうが正確ですかね?

1000G

3000G

5000G

これはキツい! 朝にスタートダッシュして1500Gくらいで出玉のピークへ。3000Gまでモミモミしていつか持ち直すだろうと待っていたらまさかの下山。冒頭で書いた展開をそのまま体現したようなグラフとなりました。設定6です、これ。

1000G

3000G

5000G

グラフの上下がずっと激しいまま5000Gを迎える展開となりました。これは打っていたら心が折れるかもしれませんね。バケもイマイチ引けていませんし…。

1000G

3000G

5000G

1000Gから3000Gの間にBIGを11回引いて一気に出玉を確保、勢いそのままに最後は4000枚まで出玉を伸ばしています。途中でグラフが駆け上がっている場所がありますが、その時に打っていたらメチャメチャ爽快でしょうな。素敵!

ゴージャグ2の設定6グラフを10本見ていただきましたがいかがだったでしょうか?

個人的な感想としては、メチャクチャ安定した出玉推移を辿りやすいのではないかなと。ボーナス合算確率がシリーズでもトップクラスですからそれも納得でしょうか?

それでは今回はこの辺で失礼します。お疲れ様でした!

-ゴーゴージャグラー, ゴーゴージャグラー2, 企画
-, , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.