アイムジャグラーEX(6号機) 企画

夏休みの思い出とジャグラー1000円勝負【英世さん1本勝負43枚目】

2021年8月17日

皆さん、ご機嫌いかがかな。カバオだ。

これを書いている少し前、東京五輪が閉会式を迎えた。

おそらく前代未聞のことが数多くあった今回の五輪。

世論も事あるごとにワーワー騒いだものの、競技自体は多くの方が純粋に楽しんだように思う。かくいう私も、サッカーをはじめとして各競技を大いに楽しませていただいた。

本当なら各会場でリアルな盛り上がりを体感したかったものだが、もはや後の祭りである。いずれにせよ、アスリートの皆さんには素直に感謝したい。

一方、日常生活の足下を見ると、これまでにない感染拡大が各地で見られる。この約1年半で何回目の「うんざり」なのか分からないし、個人的にはいろんな意味で麻痺している部分もある。

そもそも、どんな状況でも日々の生業は続くわけで、いちいちヒステリックなニュースに付き合っていられない側面も正直ある。

もちろん、だからと言って「もういいや」とコロナを完全無視=ゴン攻め(@スケボー解説)するわけにもいかず、粛々とできる限りの感染対策を続けるしかない。なんとも息苦しい。

そんなときは、半ば強制的な気分転換が必要だろう。

この連載で何度も触れたように、やはり人は「気持ちの持ちよう」が大切。同じようなセリフを繰り返す政治家や、社会的な同調圧力なんぞ忘れて、まずは自分の時間を充実させたいものだ。

というわけで、私は久々にしっかりしたプールで泳いできた(唐突だが)。このご時世、感染対策していない施設はほぼ存在しないので、その辺りの話は省略する。

プールに来たのは20年ぶりぐらいだろうか。

海水浴などにもロクに行かず、どちらかと言えば水泳が苦手な私。しかし、ストレス発散には運動が必要→ウォーキングやランニングは暑い→じゃあ水泳はどうか→そういえば五輪でも観たな→久々にやってみよう…ってな流れでやってきた。

ゆったりめの水泳パンツに履き替え、上半身にはブヨったお腹を隠すためのシャツを着用し、小中学生の頃に少し習ったクロールや平泳ぎを早速試してみる。

動き自体は何とか覚えていたが、いかんせん体力が続かない。

15m泳げれば御の字という残念な結果である。しかし、水の中に潜って、体を動かすという行為は本当に清々しい。

ついでに、小学校時代の夏休みを思い出した。

午前中に友達とプールへ行って、帰りにかき氷やアイスを食べて、自宅に戻ったあとは昼食(チャーハンや即席ラーメン)。

夏定番のテレビ番組「あなたの知らない世界」を観ながら食べて、午後は再び友達と遊びに行く。

その後、夕方に帰ってきて、晩ご飯を食べて、夜8時ごろには眠たくなって、そのまま翌朝へ(宿題は最後にまとめるタイプ)。

嗚呼、楽しかったなぁ…。

2時間弱ほどプールで戯れ、身も心もリフレッシュしたその日は、久々に熟睡できた。今後も定期的に泳ごうとも思った。

その2日後、朝起きようと思ったら体が動かない。筋肉痛だった。自分がオッサンだという現実に直面し、ガッカリする私。

でも、それもまた人生。老化も、筋肉痛も、コロナ禍も、目の前のことを受け入れながら楽しむしかない。

本題に入ろう。

前回はマイルールの順番(5号機ジャグと6号機ジャグを交互に打つこと)が逆になったので、それを戻すために6号機のアイムジャグラーEX(グリーンパネル)を打ってみた。

■今回の結果

実戦台数…7台
投資金額…7000円
トータル差枚数…-322枚
トータル収支…-7000円

■ピックアップ実戦
アイムジャグラーEX(6号機・グリーンパネル)】

22 BIG 1000円
44 BIG 先告知
77 BIG チェリー同時当選
120 REG
234 REG
13 BIG
89 REG
321 REG
188 BIG
21 REG
211 BIG
155 REG
231 ヤメ

幸先よくBIGが3連チャンし、さらにゾロ目ゲーム数の当選により「運命」が2回連続で流れるという快挙(?)。

今日は調子が良い…と思ったが、以降は一進一退の攻防が続く。

ちょこっとジャグ連→中ハマリという流れが続き、最後は持ちコインが飲まれてヤメ。いつもより勝負を引っ張ったことで、勝利のチャンスを逃してしまった感じだ。

少々悔しいが、こういう結果は十分にあるもの。気を取り直し、次回こそは「勝ち逃げパターン」をモノにしたい。

英世さん1本勝負

1台あたり1000円(=英世1本)のみ打つ企画。ボーナスや当たりを引ければ勝負を続行(ヤメ時は臨機応変に対応)、引けなければ即座に台移動する。実戦人は1ヶ月間にできる限り勝負を敢行し、その結果を隔週くらいで公開予定。

-アイムジャグラーEX(6号機), 企画
-, , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.