企画

ファンキージャグラーでファンキーな夜を過ごせたあの日【ジャグラーガール・ズバー 第10夜】

2021年8月13日

俺の名はカズ。

どこにでもいる会社に従順な飼い犬…早い話がサラリーマンってやつさ。

そんな俺の楽しみといえば、就業という名の鎖を外された後に一目散に向かうパチスロと、パチスロで勝利した際のご褒美となるガールズバーくらいなもの。

しかし、そんな俺も年齢に比例してそこそこの役職に就いてしまっている手前、夜の街にくりだす回数も大好きなパチスロを打つ頻度も下降気味に。

最近では、パチスロもガールズバーもここぞと決めた日に楽しむくらいなものになってしまった。

それならば、せめて楽しむときくらいは120%全力で楽しみたい。そこで俺は考えた…。

自分自身にこんなマイルールを課そうってね。

どんなルールかと言うと…

【マイルール】

■ジャグラーシリーズの機種で実戦。
■実戦開始時間に縛りはないが終了時間はガールズバーの鍵開け(開店)に間に合うまで。
■勝利時は勝った金額内ならガールズバーで豪遊可能。敗北時は原稿料から初回セット料金(ドリンク別なら1杯)のみ負担するが、それ以外でお金を使うことは禁止。

早い話がパチスロで大きく勝利できれば必然的にガールズバーでの楽しいひと時は約束されたも同然となる。

逆に1セットの料金以下の勝利や敗北なんてしようものなら、その後に待ち受けるのはガールズバーで己一人だけ飲み放題で目の前の女性キャストを放置するという、両面飼い殺し状態。

そんなドMでも受け入れがたいようなプレイをしないためにも今回もきっちり勝利を収めて美酒に酔いしれたいと思う。

今回は遡ること数週間前のこと。

東京では緊急事態宣言からまん延防止等重点措置…いわゆるまん防ってやつに移行。

僅かな光明が見られるかと思われたのも束の間、翌週から再び緊急事態宣言が発令され、しばらくの間お酒の提供が厳しくなるであろうと言われていたタイミングでのこと。

このままだと我が第二の故郷ことガールズバーに戻れる日がいつ来るかさえわからない…。

何とかそうなる前に少ない時間でも構わないからガールズバーを堪能し、愛するお店と女性キャストに少しでも貢献したい…そう思っていた際のことだった。

ちょうどこの日は仕事がタイミング良く昼過ぎに終わったこともあり、ホールへ到着したのが午後4時。

ガールズバーで楽しむことを考えると残された時間はちょうど2時間くらいといったところか。

今回こそはド派手にと言わないまでも、できる限りの勝利を手土産に濃密なひと時ってやつを過ごしたい。

そんな欲望全開にしながらホールを徘徊していると…。

こんな偶然があっていいのか?といわんばかりに高設定臭ビンビンなファンキージャグラーが目の前で空き台になったではないか。

この展開に導いてくれたのが運命の女神じゃなかったとしたら神の思し召しか。

それくらい今回は手堅く勝利できそう…というか、何ならその後のド派手なパーティすらも夢じゃないくらいのビッグチャンスを掴んだと言っても過言じゃない訳だ。

ならば、この千載一遇のチャンス。
ありがたく頂かせてもらおうか。

23 BIG
19 BIG
7 REG
96 REG
36 BIG
63 BIG
2 REG

おいおいおいおいっ!

この台を手放した前任者は余程時間に余裕がなかったか、俺の事情を察して福をお裾分けしてくれた神様的な方なのか?

はたまた、俺と同じくガールズバーへ行かないといけないくらいの縛りプレイをしているドMスロッターなのか?

何故捨てられたか説明しろと言われても原因がわからないくらい打てば光る超神台。

その後も…

103 BIG
6 BIG
96 BIG
63 BIG
146 REG
72 BIG
11 BIG
63 BIG
101 BIG

エスパーじゃなくても光るタイミングが透けて見えるぜ…そう言いたくなるくらい、ボーナス連打に見舞われて手元には3000枚オーバーの出玉があるというのだから笑いが止まらない。

結局、この後に150Gほど回して、ちょうど時間を迎えたところで実戦は終了。

こんな短時間で通常時よりボーナスの消化時間の方が長かったっていうくらいに濃密なひと時を過ごせるなんて…。

しかも、この後のガールズバーの方でも濃密な時間を過ごせることは約束されたも同然だっていうんだから笑いが止まらないってもんさ。

■実戦結果
総ゲーム数:1209G
BIG:12回
REG:4回
総投資:1000円
回収:3109枚
換金:60500円
収支:+59500円

景品交換を終え、第二の故郷に到着。

すると前回ドリンク1つ出せなかったのに嫌な顔ひとつせず、対応してくれた女神がついてくれたではないか。

この時点で俺から幸せオーラが滲み出ていたんだろう。

「その顔はパチスロで勝ったんでしょ?」

そう、いたずらに微笑みかけてくる我が女神…。

あぁ、貴方を守るための聖闘士か渇きを潤すためのドリンクバーに俺はなりたい。

前回の過ちを許してくれるならそれくらいしても構わない。

チーンっ!

ショットが飲みたい方はこのベルを鳴らしてください!と書かれていたので、今日はとことんまで行ってやろうと思い勢いで押してみたら、それが戦いのゴングだったのだろう。

濃密すぎる時間は90分で十二分。それくらい、濃密で激しい夜を過ごすことができた。あり得ないくらい酒に溺れることにはなってしまったがな…。

会計の方もなかなかド派手ではあったけれど、次はいつになるかわからないと考えれば、たまにはこういう日があってもいいよな。

次にガールズバーに来れる日がいつになるかはわからないが、少しでも早く今の状況が落ち着く日が来ることを願おうかと思う。

もっとも、次回訪れるときはお酒が出る勢いの方も落ち着いてほしいもんだがな…。

本日のTOTAL出費
ジャグラー代+59500円 ガルバ代52800円
計+6700円也。

ジャグラーガール・ズバー

バツイチ独身サラリーマンで少しハードボイルド系のカズが趣味であるジャグラーと夜の街を掛け合わせた実戦コラム。ジャグラーで勝利できれば、プラス分のなかで豪遊する予定ですが、もちろん、新型コロナ予防対策に十分気を付け、節度を持って行動します。

-企画
-, , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.