アイムジャグラー 企画

久しぶりのあのジャグラーで温泉獲得なるか!?【湯けむりジャグ紀行 第19の湯 後半戦】

2021年6月30日


今回は福島県の土湯温泉!

前回ご紹介したように、今回は福島県の土湯温泉を訪れて、ジャグラー実戦による「入浴勝負」を行います。

↓湯けむり前半戦の模様はコチラ↓
湯けむりジャグ紀行 第19の湯 前半戦

さらに「こけしに慣れ親しむ」ことを裏テーマに掲げ、勝利した暁には土湯温泉の可愛いマスコットキャラ「きぼっこちゃん」もゲット。一方、もちろん負けたら罰ゲームです。

それではアイムジャグラーEX-AEで実戦開始!

124 REG 2000円
216 BIG 2000円 先告知
56 BIG
278 BIG
21 REG
78 REG チェリー同時当選
355 BIG
210 BIG 先告知
14 BIG
90 REG
302 ヤメ

実戦結果
総投資:4000円
獲得枚数:0枚
収支:-4000円

序盤は派手なジャグ連もなく、かと言って大ハマリするわけでもない…という微妙な展開。

4回目・7回目のBIG後はやや連チャンしたものの、良い展開には持って行けず、いつの間にやらコインが飲まれてしまいました。もう少し粘っても良かったのですが、帰りの時間などを考慮して泣く泣くヤメ。

残念ながら、罰ゲーム決定です…。


温泉街でお土産探し…


近くの道の駅でもお土産探し…

再び温泉街に戻った私は、周辺のお店でお土産(ご当地グルメ)を探し回りました。しかし、なかなか5種類も集まらない。仕方ないので少し足を伸ばし(というか車で峠を登り)、「道の駅つちゆ」にて補充しました。

それでは、ご紹介しましょう。

【1:がんば卵(らん)しょ】

これは温泉街にある「森山」さんで購入しました。

名前で皆さんお分かりのように、温泉たまごですね。ちなに「がんばらんしょ」とは方言をもじったもので、標準語では「がんばってね」的な意味だそうです。


中はこんな感じ


絶妙な半熟感!

味は、なかなか美味しい。温泉たまごの味の違いを語ることはできませんが、個人的には結構好きな半熟感でした。

久々に温泉たまごを食べたから、余計に美味しく感じたのでしょうか。いや、きっと「がんばらんしょ」が美味しいのです。そうに決まっています。

【2:きぼっこちゃんのイラスト入りどら焼き】

これは温泉街にある「なかや菓子店」さんで購入しました。

今回、勝利した際は「きぼっこちゃん」グッズを買おうと決めていたのですが、残念ながら敗北。このまま「きぼっこちゃん」に接することなく帰るのは嫌だったので、このどら焼きで傷を癒そうと考えたのです。


きぼっこちゃん可愛い!


バター&つぶあんの黄金パターン!

どら焼きの種類(味)はとても豊富で、バター&つぶあんの他にチョコ、黒ごま、キャラメル、コーヒーがありました(時期などによって種類は変わるようです)。

私は1つずつ購入し、時間をかけて味わいます。…どれも美味しい。きぼっこちゃんも可愛いし、言うことなしですね。

【3:ごまみそせん】

これは道の駅あだちで購入。

厳密に言うと、会津地方のお土産なのですが、土湯温泉系で買い揃えられなかったのでご容赦ください。


たくさん入ってる!


サクッと食感が楽しい!

ゴマと味噌…という字面を見る限り、ちょっと味が濃い目というか、ややヘビーな印象を受けたのですが、実際はその真逆。

サクサクっとした食感が楽しく、程よい甘さで、何枚でもイケちゃいます。今回は他のお土産も食べなきゃいけないので、5枚しか食べませんでしたけどね(笑)。

【4:きぼっこちゃんプリントクッキー】

はい、またしても「きぼっこちゃん」です(苦笑)。

私はすでにきぼっこちゃんの虜なのです。なんやかんや言いながら、「こけしに慣れる」というミッションの第一段階はほぼクリアしたと思われます。ありがとうございます。


いろんな表情がある!


ああ、割るのが惜しい…

道の駅つちゆで購入しました。

クッキーの味は、まぁ普通。皆さんの想像通りの味でしょう。それよりも大切なのは、きぼっこちゃんがプリントされていること。いろんな表情を堪能できるだけでも、買った価値はありました。

【5:いか大根】

こちらも厳密には会津地方のお土産です。

どうしても5種類揃えるのが難しかった…。いや、もっとしっかり探せば見つかったのかもしれません。でも、個人的に漬物を食べたかったのです(笑)。自腹だし、少々のわがままはご容赦ください。


お酒が進みます…

この罰ゲームは「同じものを5種類買って、それを5個ずつ食べる」ことが条件です。つまり、「いか大根を5個食べる」のが正規のルールなのですが、「5個」の定義が難しい。

つい個人の好みで買ってしまったため、ルールのことを忘れていました。…「小さな大根のかけらを5個食べた」ということで許してください。

ちなみに味はやや濃い目で、ハイボールにピッタリ。どんどん酒が進んでしまいますね。

そして、そのまま寝てしまったので、すべてのお土産を食べた写真を撮り忘れてしまいました…。

申し訳ありません!


次こそ温泉に入りたい!

今回は残念ながら温泉に入ることができませんでした。福島市の温泉という意味では、以前の飯坂温泉の回でも負けています。相性が悪いのでしょうか…。

福島県土湯温泉の詳しい情報はこちらでぜひチェックしてみてください。
福島県土湯温泉公式サイト

今後、もしリベンジの機会があったら、必ずやジャグラーで勝利して福島市の温泉を堪能したいと思います!!

湯けむりジャグ紀行

まずは自分の入りたい温泉地へ出向き、近くのホールにあるジャグラーで勝負。勝てば温泉に入ることができるが、負けた場合はご当地の名物を5つ選び、それぞれ5個ずつ(5×5=GOGO!)食べなければならないという45歳のおっさんにとっては天国か地獄のような企画。

-アイムジャグラー, 企画
-, , , , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.