ホールデータ 企画

年末年始のジャグラー、新アイムの投入設定は!?【ホールサイドのジャグ雑感♯22】

2020年12月29日

自粛ムードのクリスマスも終わり、激動の2020年もあと数日になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。中野和彦です。

毎年クリスマスは家族で過ごしている私にとって、自粛に影響はあまりなかったのですが、クリスマスに関してローマ教皇が苦言を呈したとの報道を耳にしました。

2005年に既にご懸念を発表されていたようですが、今年の自粛によってクリスマスの過ごし方を見直すべきなのかもしれないと考えさせられてしまいます。教皇が仰った概要は以下の通りです。

“現代の消費社会の中でこの時期が商業主義に言わば汚染されているのは残念なこと。このような商業主義による汚染は降誕祭の本来の精神を変質させてしまう恐れがある”

“降誕祭の精神は精神の集中と落ち着きと喜びであり、この喜びとは内面的なもので外面的なものではないのである”

今年は、まさに教皇が仰っている内面的なクリスマスの精神を見直す良いきっかけだったのかもしれませんね。ちなみに、私はキリスト教徒ではありませんので、誤解の無いよう。

さて今回の取材ですが、6号機アイムの状況と年末年始の設定配分について伺ってきました。店舗は都内ターミナル駅徒歩圏内のA店。

取材はクリスマスの数日前に行いました。

中野「本日はよろしくお願いします」
A店長「よろしくお願いします」

中野「どうでしょうか、新しいアイムジャグラーの状況は?」
A店長「ウチは元々マイジャグが強くて5号機の頃からアイムは若干弱かったんですよ。なので、新台の動きも心配していたんですが、やっぱりお客様はマイジャグに集中しますよね。まあ、力を入れていると言うのもあるんでしょうけど」

中野「期待していたほど動いてくれていないと…」
A店長「いや、他の6号機に比べれば十分です。ただ、ジャグラーなのでね。やっぱり枚数が少ないと見た目のインパクトも弱いですし、5号機のジャグラーがある内は爆発的な稼働は望めないでしょうね」


※写真はイメージです

中野「出玉性能的にはどうでしょうか」
A店長「まだまだ各設定のサンプルが少ないので何とも言えませんが、今のところやや甘いイメージです。あとは差玉では現れてこない現金収入が(汗)。ベースが甘いからか、サンドに入るお金が少ないですね」

中野「今後の設定配分はどのようにお考えですか」
A店長「まだ探り探りの状態で決めかねていますが、ジャグラー全体で考えていますので、マイジャグ中心になると思います。5号機のアイムと同じような使い方かな。メリハリを付けずベースを高めに保って遊んでいただく感じですかね」


※写真はイメージです

中野「新アイムに関しては少し経過したらまた伺いに参りますので、よろしくお願いします」
A店長「分かりました」

中野「次は、年末年始の営業ですが、今年はどうなりそうでしょうか」
A店長「今年は暦的に弱いんですよね。一般的に5連休か6連休ぐらいでしょ。しかもコロナ禍なので、正直わからないんです。人の動きが少なそうなので、例年より稼働は落ちるんじゃないかと思っています」

中野「例年のお客様の動きってどうなんでしょうか」
A店長仕事納めを境に、メチャメチャ稼働は上がるんですよ。今年もそうなってくれると良いんですが…」

中野「設定配分はどうなっていたんでしょうか」
A店長「AT・ART・ノーマルを問わず、全体的に超メリハリ型ですね。ジャグラーで言うとマイジャグがまさにそうです。設定6の数を増やし、同時にベースを設定3から設定2に落とします。もちろん、設定6以外が全て設定2というわけではありませんが」

中野「設定1は使わないんですか?」
A店長基本的には使いません。よほどのことがない限りね。交換ギャップもありますし、ジャグラーを打ちに来るお客様は常連様だったり、比較的流動性の低い方が多いので、そのような方に設定1の洗礼を受けさせるのは酷ですから」


※写真はイメージです

中野「確かにそうでうね。マイジャグ以外もメリハリになるんでしょうか」
A店長「マイジャグに準ずるのがファンキー、次にゴージャグ、スーパーミラクルの順で穏やかになりますかね。そして先程もお話したアイムです。アイムは今週の動き如何で激変すると思いますが」

中野「どのように変わる可能性があるんでしょうか」
A店長「全国的に甘いというデータが出ていますので、それをチェックした若年層がアイムを打つようになってくれれば、メリハリ型に変更します」

中野「なるほど」
A店長「今のまま穏やかな稼働が続くようなら、慌てず騒がず遊んでいただける配分に…息の長い機種なので、機械代の回収を急ぐ必要がないですから、ソコはありがたいですね」

中野「年末年始、活気あるA店の稼働を祈っています。ありがとうございました」

新アイムのことを聞くには十分なサンプルが取れていないこのタイミングではなかったと少し反省しました。

年末年始における設定配分の分析ですが…A店のようにマイジャグはメリハリ型、その他の機種は高ベースで行くというホールが多いようです。

GW、お盆、年末年始は業界の“3大稼ぎ時”的なイメージを持たれている方も多いようですが、最近はその傾向が薄れており、とくに都市部ではブッコ抜くホールが少ないとのこと。


※写真はイメージです

つまり、マイジャグ以外はいつも通りの立ち回りでよろしいかと…。

そしてマイジャグは、設定6を使い、あるいは台数を増やし、ベースを下げてくるホールが多いと予想されますので、いつも以上に押し引きが重要となりそうです。

それでは、このコラムも今年最後になるでしょうから…。皆様、良いお年を!!

ホールサイドのジャグ雑感

中野和彦(なかのかずひこ)が自分の人脈を最大限に引き出し、ホールによるジャグラーの扱い方などを紐解く。読者の皆様にホール店長の考え方やジャグラーシリーズの設定配分などを知っていただくための取材日記。

-ホールデータ, 企画
-, , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.