アイムジャグラーEX(6号機) 企画

6号機アイムで1000円勝負に初挑戦!!【英世さん1本勝負27枚目】

2020年12月25日

皆さん、ご機嫌いかがかな。カバオだ。

いろいろあった2020年もようやく終わりを迎えようとしている。個人的にこの1年間は、人生の中で2番目にインパクトがあったように思う。

ちなみに1位は2011年。東日本大震災だ。

当時の地震直後の津波、原発事故に関しては(直接的ではない事象も含めて)かなりのショックを受けた。実際、自分の人生・人生観も震災前後で大きく変わったと思う。

すでに、あれから約10年が経とうとしている。

現時点で被災地の現状はほぼニュースにならないものの、おそらく来年の3月にはそれなりに話題になるだろうし、現在でも問題は山積しているのだろう。

あの震災はそれぐらい日本中にインパクトを残し、私にとっても大きな出来事だった。

一方、1位と比べると…というか、そもそも比べること自体が違うと思うのだが、2020年はまた違ったショックを受けた

「当たり前だった日常が目の前にあるのに、それを制限される」ことに対して、強烈なストレスを感じたのだ。

当然、最低限のコロナ対策は必要であり、それには私も従うのだが、実際は必要のない制限もかなりあったような気がする。

事実が定かではない「世間の風評」も含め、多くの人が過剰に反応することで、生活の中にあった「不要不急という余裕」が一気に削がれた気分だ。

ただ、これは私の一意見であって、コロナ関連の各情報に対しての意見は人それぞれ。今後もしばらく混乱は続くだろう。

「新しい生活様式」。言葉は綺麗かもしれない。しかし、本来は捨てる必要がないものを捨ててしまっているのではないか。そこをもう一度、改めて考え直したい。

そして来年はここまでは大丈夫、ここからは危険という「見切り」をできる限り多く、できる限り正確な情報を集めることで定めたいと思っている。実際にできるかどうかは別だけど。

……と、ハイボールを飲みながら、その場の思いつきで書いていることをお許しください(笑)。

いずれにしろ、しんどかった2020年を何とか切り抜けた自分に感謝。そして、読者の皆さんも本当にお疲れ様でした。来年は少しでも良い年でありますように。

さて、ここからが本題だ。

ついに6号機初のジャグラー『アイムジャグラーEX』がホール導入された。待ちに待った……は言い過ぎかもしれない(5号機ジャグラーも十分楽しいし)。

ただ、どのような感触なのかを早く試したかったのは間違いない。

■今回の結果

実戦台数…5台
投資金額…5000円
トータル差枚数…-235枚
トータル収支…-5000円

■ピックアップ実戦

アイムジャグラーEX(6号機)

23 REG 1000円
39 BIG
5 REG 先告知
260 BIG
21 REG
349 BIG
21 BIG
210 REG
201 REG
120 BIG
302 ヤメ

今回、唯一1000円でヒットしたのが上記のデータ。

ちらほらとジャグ連もあり、何とか持ちコインで健闘していたのだが、結局は飲まれて終了となってしまった。

結果的には私が不甲斐ないだけであり、隣の台はジャグ連が炸裂して、かなりのコインを固めてゲットしていた。

ファーストインプレッションとしては、5号機ジャグラーに比べてボーナス獲得枚数が減っているので、いざ当たっても「やや物足りない」印象。しかし一方、コイン持ちが大幅にアップしているため、1回のボーナスで長くプレイできる点は良いと思った。

全体としては、それほど違和感なく打てたように思うので、今後も6号機ジャグラーを中心に据えて勝負していきたい。

英世さん1本勝負

1台あたり1000円(=英世1本)のみ打つ企画。ボーナスや当たりを引ければ勝負を続行(ヤメ時は臨機応変に対応)、引けなければ即座に台移動する。実戦人は1ヶ月間にできる限り勝負を敢行し、その結果を隔週くらいで公開予定。

-アイムジャグラーEX(6号機), 企画
-, , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.