ホールデータ 企画

マイジャグの配分が優秀! 月間差枚も+30万枚オーバーの優良店!【とあるホールの設定推測#19】

2020年12月7日


皆さん、こんにちは。輝輝輝輝(かがやきてるき)です。「とあるホールの設定状況を推測してみた」のコーナーです。今回は東京都荒川区のM.M.S店を調査していきます。今回で2ヶ月まるまるの調査になりますね。傾向の把握は大詰に差し掛かっていますので、最後のまとめ的な具合に話を進めて行こうと思います。

それではまずは11月21~30日のまとめデータからどうぞ。

24日からアイム系が計7台減台されていて、ジャグラーの総台数は103台→96台になっています。ジャグラーの減台はかなり珍しいことなので、ジャグラーの扱いが悪くなっていたりするのか…と思いきや、結果はご覧の通り。当たり前のようにプラス差枚日ばかりでした。本当にこのホールはブレませんね。もはやこの程度のデータを見ても驚かなくなりましたよ。

特に目立っているプラス差枚日は24~27日の区間で、マイ3の平均設定がかなり強めに出ているのがわかると思います。この24日は新台入れ替え日で、アイム系が減台されただけでなく、マイ3が新台扱いだったようです(ただし、マイ3は台数の変動ナシ。台移動による新台扱い??)。

あとは前回のデータで突然調子を上げてきたスーミラが今月はどうだったのか。平均設定を見れば何となく察しは付きますが、詳しくは機種別のデータから見ていきましょう。いつもはマイジャグ系からですが、今回はアイム系からいってみましょう。

アイムアニバはかなり頑張っていますね。恒例の据え置き箇所も多いですし、5点台のデータもポツポツと見受けられます。だけどもアイムはジャグラーの中ではスペックが低め。個人的な見解が強くなってしまいますが、スペック的には積極的に狙える機種ではないので、設定状況が良くても朝から狙っていくのは厳しいなと。


アイム・ニューアイムは減台された機種にあたります。そのためか明らかに元気がない。ニューアイムなんて4点台の台が存在しないバリバリの回収配分になっていますし。これは推測ですが、おそらくこの2機種は6号機アイムと差し替える予定になっているのではないかと。撤去予定の台だから設定は使わない(使えない)といった感じで。アイム系でここまで悲惨なデータはこのホールでは見たことがないので、逆の意味で驚きましたね。

ま、新しいアイムと入れ替わったら盛大に設定を使ってくれそうなので、そこに期待しておきましょう。

続いてはゴーゴー系。


ゴーゴー系も減台されたアイム2機種に匹敵するレベルで元気がありません。ゴーゴーに関してもスペック的な魅力が薄いので、このホールをもってしても十分な稼働を保つのは難しいということなのかも…。

スペックの低さが気にならないくらいに設定状況が良くないと手を出しにくいですからね。地域的にレベルの高い打ち手も多いと思うし、敬遠されがちで稼働が伸びていない可能性が高そうです。

続いてはスーミラ。

前回が噓のように寒いデータになってしまっていますね。元々は扱いの微妙だった機種なので元に戻った…というほうが正しいのかもしれませんが。突発的に良くなることもあるにはあるということですが、そこに期待して普段から状況の良くない機種に飛び込むのはNG。飛び込むとしたら状況が良いのを目で確認できている場合のみで、つまりは当日の後ヅモのみですね。

昨日出ていたから今日も…という考えも危険です。設定状況が良いのは昨日までで、次の日からいつものスーミラに戻っている可能性がありますから。

続いてはファンキー。

ファンキーは今までと特に変化はありませんね。使っているには使っているけどピンポイントで狙うのは難しい感じ。少し余談になりますが、5点台の中でも際立っている25日・507番台の「5.84」の台がどんな内容だったのか気になったので、詳細を調べてみたらなかなか凄いデータになっていました。

約6200G消化で合算1/93。差枚で5500枚くらい出ています。さすがに設定6濃厚でしょう。設定6が存在するというデータも見られましたし、この日(25日)は他にも挙動の良い台が2台あるので固めて設定を入れていた可能性もありますね。

ちなみに、この507番台は台が動き出したのが14時近くからの遅咲きパターン。朝イチからフル稼働していたら8000枚近く出ていたんじゃないでしょうか(笑)。

次はマイジャグ系。

めちゃくちゃ強い。ここ最近のデータではダントツです。マイジャグ以外の機種が微妙だったのもこれで納得できると思います。

この10日間はほぼ毎日でしっかり設定が使われていて、特に目立つのは24日ですかね。24日はマイ3に新台がある日で、それに関連してマイ4も強めに設定を入れた感じだと思われます。マイ3に関連して設定を入れているのであれば朝イチから狙いやすいし、これは“狙って勝つ”ことができる状況ですよね。

なお、SNS上でもこのホールは新装が強いという認識になっているので、この入れ方は突発的なものではなさそう。ジャグラーに新台がある日は当然狙い目になりますし、ジャグラーに新台が無くても気にかけておきたいですね。

最後はマイジャグ3です。

マイ3もイイ感じに固まって設定が使われています。特に新装の24から27日にかけての440~443番台が圧巻。ここはもしかしたら全部据え置きだったのかも。2~3点台の日も混じっていますが、高設定が反応していなかっただけの可能性も十分にあります。

また、マイ3は440~445番台と460~464番台の2シマで構成されているので、440~443番台が強いのはシマ単位で設定を入れていたから…ともとれますよね。今まではシマ単位の入れ方には注目していませんでしたが、頭の片隅に置いておいたほうが良さそうです。

それでは締めは11月分のジャグラーカレンダーと、今までの調査で見えてきたこのホールの特徴をまとめていきます。

11月で差枚数がマイナスになっているのはたったの6日間だけ。1日単位で考えれば全体の80%が打ち手側の勝利になっていると。

また、11月の総差枚数は+305880枚でした。10月の約+630000枚と比べれば落ちましたが、それでも破格の差枚数ですよね。もうこれはジャグラーの扱いが万年的に優遇されているホールと考えて良いでしょう。グランドオープンから一時的に出しているだけ…にしてはさすがに期間が長すぎるし、何よりも玉を出し過ぎですから。

★ホールの特徴まとめ

・高設定の据え置き狙いが有効。3日間以上据え置かれるケースもアリ
・突発的に設定状況の良くなる機種がある。ただし、それを事前に察知するのは難しい
・並びや高配分(1/2・1/3など)、またはシマ単位での入れ方もアリ
・マイジャグシリーズは設定状況が安定していて狙いやすい
・新台は狙い目(初日のみ??)

2ヶ月のデータ調査で見えた特徴はこんな感じでしょうか。まあ、一言で言えば“何でもアリ”の入れ方ですね。バランスを考えた設定配分と言いますか。入れ方を一辺倒にすると該当しない機種の稼働が悪くなるので、そうならないためのホール側の工夫だと思います。狙いを絞りにくい一面はありますが、絞りにくいぶん朝イチ勝負になることも少なく、じっくり立ち回れば結果を残しやすいホールでしょうね。

このホールの調査はひとまず今回で終了しますが、少し期間を空けてから再度調べてみるのも面白そうだなと思っています。ここまでジャグラーの扱いが良いホールはそうそうないので、これっきりっていうのは勿体ないですしね。

それでは今回はここまで。またお会いしましょう。皆さまのジャグライフが有意義でありますように。

とあるお店の設定状況を推測してみた

とあるホールのデータを分析し、ジャグラーの設定状況を予想していきます。特定日の絞り込みや狙い台の作り方など、立ち回りの参考にしていただければこれ幸い。リサーチ店舗はちょこちょこ変えていく予定です

-ホールデータ, 企画
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.