アイムジャグラー(6号機) アイムジャグラーEX(6号機) 企画

6号機ジャグラーの取材に行けてメチャクチャ感動してしまいました【それゆけ!端玉ちゃん 49GOGO!】

2020年11月20日

端玉ちゃん
みなさんこんにちは。今とっても興奮している端玉ちゃんです

なぜかって? それはね…6号機のアイムを一足お先に打たせてもらったからです!!

いやぁ、日常生活でこんなテンションの上がることって今まであっただろうか? いや、無いな。昔、高円寺のパチンコ屋で芸人のダンカンさんを見た時でさえ、こんなに興奮はしなかったもん。別にダンカンさんのファンでも何でも無かったんですけど、ナマの芸能人を見るのが初めてだったので嬉しさのあまり「この間芸能人見た!」って、めちゃくちゃ友達には自慢しまくったんですけどね。でも、ダンカンさんには申し訳ないんですけど、ちっとも盛り上がらなかったのを今でも覚えています。

端玉ちゃん
…いや、ダンカンさんの話はいいんだ。

夢のような時間を過ごしたせいか気持ちが浮ついてる証拠ですね。ジャグラーにお話を戻します。

まず、今回なんで端玉ちゃんが6号機のジャグラーを打たせてもらうことが出来たのかご説明しましょう。それは、端玉ちゃんのコラム編集を担当している方からのお誘いがあったからです。「6号機のジャグラー打った感想をコラムに書いて〜」って。非常にシンプルでしょう?

私はてっきり「そういえば端玉ちゃん、新機種発表会に行けなくて悔しがってたから声かけてあげようかな」っていう担当さんの優しさなのかと思いましたが、全然違いました。原稿の依頼でした。何にせよ、端玉ちゃんの返事は「イエス」しかありません。こんな一般ピーポーが…端玉で生活していただけなのに…。お母さん、東京はすごい街だ…。

で、この間ついにご対面してきたわけです。6号機のアイムジャグラーEXさんに。ファーストインプレッションは「まるで今までのアイムと変わらないな」です。そりゃそうですよね、5号機のアイムに寄せて作ってるんですもんね。でも、普段打ち慣れている端玉ちゃんでさえ違和感をあまり感じないほど、見た目の変化はほぼありません。

そんな中で唯一変わった点といえば、上部に新しく搭載されたジャグラーランプですかね。このランプ個人的にかなりツボなんですよ〜。大きさといい、形といい、バランスがめちゃくちゃ良い。これを見た瞬間、なんて画期的なアイデアなんだろうと感激しました。

見た目に変わりは無いといえど、6号機のアイムらしさみたいなものは多少なりとも欲しいじゃないですか。それを叶えてくれたのがこのジャグラーランプだと思います。しかも、レインボーに光るんですよ。

端玉ちゃん
ここが大事。

これがレインボーに光らなかったら、あんたは何のためにそこに鎮座してるんだと、小一時間ほど問い質すところでした。何はともあれ、何度も言いますが見た目は今まで通りのアイムなので皆さまご安心ください。

ちなみに、お気づきの方も多いでしょうが、最上部のトップランプも連動してレインボーに光ります。この筐体、レインボーの光り方がメチャクチャ綺麗です。動画はまだNGみたいなので、ホールに導入されたら皆さんぜひレインボーを見てください。そして動画に納めてください。綺麗の極みなので。

さて、見た目は同じだとして中身は一体どう違うのか?と、とりあえず1回光らせてみたところ…

端玉ちゃん
綺麗ーーー! ランプめちゃくちゃ綺麗ー!

しかも、今回「GOGO!」の文字だけでなく「CHANCE」の文字も光るんですって。確かに。よく見ると、今までと違って白く光り輝いています。これも画期的なアイデアですよね。やっぱりすごいな〜、開発の人は。端玉ちゃんのような一般ピーポーには思いつきもしないような事考えるんだなぁ。しかも、この「CHANCE」の文字、レインボーに光るんですよ。

端玉ちゃん
ここが大事。

これがレインボーに光らなかったら、あんたは何のためにそこにt(割愛)。

お馴染みの出目も堪能したところで、出ました! 端玉ちゃんが一番見たかったプレミア!

端玉ちゃん
可愛いーーー! めちゃくちゃ可愛いー!

歴代のリプレイ図柄が我々のボーナスを祝福してくれる瞬間です…。堪らないですよね。ランプの部分だけ切り取ってみても、アイムとは思えない豪華さです。

どちらかというと、今までのアイムって良く言えばシンプル、悪く言えば地味だったじゃないですか。プレミアも少ないし。もちろん、それだけが全てではないけど何となく客層もあまり派手さを求めない年配の方が多かったと思うんです。

でも、今回のアイムは今までと真逆でプレミアがたくさん詰まっているので、若い年代の方が打つ機会もきっと増えるんじゃないかな。あくまでこれは端玉ちゃんの考えですけど、プレミアの多さと台の人気って比例すると思っているので、このアイムは人気が出そうな気がします。

そんなこんなで、新しい筐体とランプにばかり夢中になっていたら、あっという間に取材の時間が終了。全然時間が足りなかったし、本当はもっと打っていたかったけど、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。魅力的なところはもっと沢山あるばずなので、あとはホールでのお楽しみに取っておきたいと思います。

端玉ちゃん
という事で、今回はこの辺で!

本当は、音の質の話とかもしたかったけど、どうしても文字で伝えるのに限界があるので、その辺りは導入後に皆さんが大体打ったであろうタイミングでゆっくりと(笑)。端玉ちゃんの偏った感想を読んで、6号機のアイムに興味が湧いたという方が少しでもいれば嬉しいなと思います。それでは!

それゆけ!端玉ちゃん

ただのジャグラー大好き女子「端玉(はだま)ちゃん」です。毎月5のつく日は休みをとってジャグラーを打っています。端玉景品でご飯を済ませ、食費を削ってジャグラーを打ったりしてます。なので端玉ちゃんです。普段はアパレル店員です。よろしくお願いします。

-アイムジャグラー(6号機), アイムジャグラーEX(6号機), 企画
-, , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.