企画

福島県の魅惑のサイダー温泉とジャグラーを堪能!?【湯けむりジャグ紀行 第11の湯 前半戦】

2020年10月23日

皆さん、ご機嫌いかがですか。大原庄助です。

早いもので、2020年も残り約2ヶ月となりました。きっと今年の1年間は、世界中の教科書に載ることでしょう

それぐらい印象的というか、悲しいというか、かなりレア(であることを願いたい)な時間だったと思います。

もちろん、皆さんの生活も大変だったでしょうし、私の1年間もコロナの影響を受けました。振り返ってみると……いや、まだ早いですね。今年の総括はもう少し後に取っておきましょう(笑)。

ひとまず今、こうして元気でいることに感謝しつつ、一刻も早く疫病が収束することを祈りながら、今回も温泉地へ向かいます。


今回は…また山の中!

上記の写真を見てください。どこか分かりますかね?

これで分かったという方は、もう地元民以外に考えられません。ただ、少なくとも都会じゃない、かなり山の中だろうと推測できるかと思います。それでは、次の1枚で推理を深めてください。


ご当地キャラの「かぼまる」です!

かぼまる、知ってますよね? 知らない?

もし知らなくても、もうポスターの下に答えが書かれています。そう、今回向かったのは福島県大沼郡金山町です!

正直、金山町へのアクセスは決して良くありません。最寄りの会津坂下ICから車で約1時間。仮に東京から向かう場合は、栃木県の那須あたりを経由するルートで4時間近くかかります

JR只見線も走っていますが、その本数は少なく、さらに一部区間は2011年の大雨の影響で不通となっています(バスの代行運転)。


金山町はこのへん!

金山町は福島県の会津地方の中でも「奥会津」と呼ばれる地域で、秘境……とまでは言わなくとも、特別な用事や旅行でもない限り、なかなか行くことがない場所かもしれません。

さて、私はなぜそのような場所をチョイスしたのか。

どうしても行きたかった温泉があるからに他なりません。
それは、ここです!!


その名も「天然サイダー温泉」!!

金山町は「天然の炭酸水」が湧く町として有名で、炭酸泉の温泉も複数あります。これが日本でも珍しく、全国の温泉で僅か0.6%しか存在しないとのこと。

さらに、その中でも炭酸が高濃度で、水温も比較的高いのが、この天然サイダー温泉なのです!


可愛いパンフレットもあります!


温泉はこんな感じ

私は以前から炭酸水の存在も、炭酸温泉の存在も知っていました。いつか行きたいなぁと思っていたものの、やはり距離の問題もありましたし、なかなかタイミングを掴めなかったのです。

しかし、今回はビシッと覚悟を決めて、数時間のドライブを敢行。その日は天気が良かったので、「もう行っちゃえ!」と気持ちがイケイケだったこともあります(笑)。

いずれにせよ、炭酸温泉というものは一体どのような感覚なのか、そして金山町はどのような雰囲気なのか、非常に楽しみです。……まぁ、ジャグラーで負けたら温泉には入れませんが(苦笑)、その際はお土産選びを楽しむしかありませんね。


奥会津の景色はどこも綺麗!

それでは町を一旦離れて、実戦に向かいましょう。果たして天然サイダー温泉という恩恵は得られるのか、それとも…答えは次回!

湯けむりジャグ紀行

まずは自分の入りたい温泉地へ出向き、近くのホールにあるジャグラーで勝負。勝てば温泉に入ることができるが、負けた場合はご当地の名物を5つ選び、それぞれ5個ずつ(5×5=GOGO!)食べなければならないという45歳のおっさんにとっては天国か地獄のような企画。

-企画
-, , , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.