企画

ぶどう・リーチ目の様々な用語や使用例を解説【ほぼ毎日流ジャグペディア#11】

2020年10月13日

今回の用語【ぶどう・リーチ目】

読者の皆さん、こんにちはー!

この企画を担当しております、自称・政治団体「国際平和とジャグラーを守る党」、幹事長の相武剛です!

ここで主にジャグラーに関する重要用語と、ほぼパチスロで使用できる用語を1つずつ解説します。さらに、日常生活でもさりげなく使える例文集もビシっとレクチャー!

毎度相変わらずの構成ですが、きっと今回も貴方のパチスロライフに貢献すること間違いなしです!

ブドウ(ぶどう)

出典:ほぼ毎日流『ジャグペディア(Jugpedia)』

概要


ジャグラーの全シリーズにおいて、メイン役(リプレイ以外で最も成立しやすい小役)に採用されている絵柄のこと。

どの機種も設定に応じてぶどう確率が異なっているため、ぶどうが揃った回数を数えることで設定を推測することも可能となる。

ぶどう絵柄の色・形状は機種によって若干異なり、大まかに言えば「紫色のぶどう(ファンキー・ハッピーなど)」と、「黄緑色のぶどう(その他ほとんどのジャグラー)」に分類される。

後者は厳密にいえば「マスカット」であり、本来はそのように表記・呼称すべきところだが、ぶどうと統一して呼ばれている。その要因は明らかでないものの、おそらくは「分けるのが面倒くさい」「日本ではぶどうと呼ぶ人が多い」などが理由だと推察される。

なお、ぶどう絵柄は原則として右上部に葉っぱ(枝)があり、左下に向けて実がなっている。

ただし、紫色のぶどうを採用している機種(ジャグラーV・ゴーゴージャグラーV・ハッピージャグラーV・ハッピージャグラーV2・ファンキージャグラー)の中で、ジャグラーVとファンキージャグラーを除く3機種は逆の形状。

つまり、左上部に葉っぱがあり、右下に向けて実がなっている。

また、現実のぶどうの品種と各絵柄を見比べた場合、紫色のぶどうは「巨峰」「高尾」「ピオーネ」、黄緑色は「シャインマスカット」「黄玉」「ポートランド」などがモチーフと考えられる。

真相は現在のところ不明であり、おそらく今後も不明のままだろう。

ホール内での使用例


「1000円でぶどうが揃いまくる…こりゃもう設定6だ!」
「いちいちマスカットと訂正するなよ。ぶどうで良いじゃん」

日常生活の場合


果実の名称として使用されるのはもちろん、剣道などの競技も「ぶどう」と呼ばれる。

また、ジャグラーのぶどうが持つ「数えると設定が分かるかもしれない」という特徴に当てはめて用いる可能性も考えられる。

日常生活での使用例


「ネプチューンマンの相棒? ビッグ・ザ・ブドウじゃん」
「19歳で経験50人!? その勢い、設定6のぶどうだね」

リーチ目(りーちめ)

出典:ほぼ毎日流『ジャグペディア(Jugpedia)』

概要


内部的にボーナスが成立している状態(成立ゲームも含む)で、リール上に停止し得る出目のこと。つまり、リーチ目が停止した場合はその時点でボーナス確定となる。

例えばジャグラーの場合は、ボーナス絵柄の一直線やが代表的なリーチ目。ただし、ジャグラーは公式に「リーチ目」という表現を用いておらず、「チャンス目」と表現している。その他の機種でも、ボーナス確定の出目を「激アツ目」などと呼ぶケースは一定の割合で存在する。

リーチ目の総数・停止形は機種によって大きく異なり、数千パターンもの出目が用意されている場合もある。

一方、ジャグラーのように「一見するとリーチ目が分からない(=ボーナスが成立しているかどうか分からない)」出目を数多く用意している機種もある。

また、近年の機種では1枚役の取りこぼし目、リプレイの一部でリーチ目が停止する可能性があり(ボーナス重複が確定する小役)、その際は「リーチ目役」「リーチ目リプレイ」などと呼ばれる。

ホール内での使用例


「知ってた? この出目もリーチ目なんだぜ」
「リーチ目だと思ってたのにガセった。勘違いか」

日常生活の場合


基本的に日常生活で使用する機会はあまりない。

ただし、パチスロを知っている人間が「何らかが確定する現象」をリーチ目と呼ぶ可能性は十分に考えられる。

日常生活での使用例


「今考えると、彼女のあの態度がリーチ目だったなぁ」
「お前の尿酸値、痛風のリーチ目だよ」

いかがでしたか?

「リーチ目」という言葉は、日常生活でもいろんな場面で使えそうですね!

ただ、実際に使うかどうかは貴方次第。TPOをわきまえないと、ドン引きされる可能性があるので注意してください。

それでは次回もお楽しみに!

ほぼ毎日流ジャグペディア

ジャグラーにまつわる言葉やパチスロ全体に関わる言葉(用語)をアトランダムに紹介していく企画。さらに、それらの用語を日常生活などで使いこなすための「使用例」も掲載していく予定です。

-企画
-,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.