企画

ベコたん・技術介入の様々な用語や使用例を解説【ほぼ毎日流ジャグペディア#9】

2020年9月15日

今回の用語【ベコたん・技術介入】

読者の皆さん、こんにちは……っ! この企画を担当しております、自称・一般社団法人「ジャグラーファンふれあい連携友愛センター」経理担当の相武剛です!

今回もジャグラーにまつわる重要用語と、パチスロ全般で使える用語をビシッと解説します。もちろん、明日から使える超ナイスな例文集もしっかりご用意!

ジャグラーの知識を深め、同時にパチスロレベルを向上させるためにも必見です(そこまで自信なし)。それではスタートしましょう!

ベコたん(べこたん)

出典:ほぼ毎日流『ジャグペディア(Jugpedia)』

概要


ミラクルジャグラーシリーズにおいて、リプレイ絵柄に採用されているキャラクターの名称。「リプレイ=もう1回」の「もう」の部分を抜粋し(=ダジャレにより)、牛のようなビジュアルになった。

その後、2011年12月1日~翌年1月10日に開催された「ネーミングキャンペーン第6弾」で名前が一般公募され、「ベコたん」に決定。主に東北地方では牛を「ベコ」と呼ぶが、一説によると命名者は秋田出身らしい。

「ネーミングキャンペーン第6弾」でグランプリを受賞した者には、記念トロフィーと20万円相当の電化製品が授与された。また、グランプリ以外にもドラム式洗濯機、電動アシスト自転車、オーディオ機器、旅行などのプレゼントがあった。

外見を見る限り、べこたんは牛の中でもジャージー種、もしくは褐毛和種だと推察される(前者は乳牛・後者は肉牛)。ただし、他のジャグラー内のキャラクターと同様、生物学的に牛とは思えない描写(2足歩行など)が散見されるため、厳密には牛ではないと言える。

この説明が蛇足だと思った場合、自らの心の中で当企画を「もう」諦めて構わない。

なお、現在(2020年9月時点で)ベコたんを拝める機種は『スーパーミラクルジャグラー』のみである。

この機種にはプレミア告知「ベコたんフリーズ」が存在。レバーON時にフリーズ+「モー」という鳴き声が発生した後、中段にベコたんが自動停止し、さらに「モー」と鳴いて7絵柄が揃う。

ホール内での使用例


「ベコたんフリーズ、引いちゃったよ!」
「ベコたん、肉牛だったら少し悲しいなぁ」

日常生活の場合


基本的に日常生活で使うシーンはない。ただし、本来の意味を考えた場合、東北地方では「牛に関連する何か」を表現する際に用いられることは十分に考えられる。

また、とあるキャラクターの名前を呼ぶ際、ろれつが回らず「ベコたん」と言ってしまう可能性も僅かにある。

日常生活での使用例


「仙台名物? ベコたんだよ」
「酔っちゃったぁ。あれぇ、不二家にベコたんがいないよぉ」

技術介入(ぎじゅつかいにゅう)

出典:ほぼ毎日流『ジャグペディア(Jugpedia)』

概要


パチスロにおいて、自らの技術を駆使して機械割(利益の期待値)を上げること。

たとえばジャグラーの場合、通常時に左リールのチェリーを狙って取りこぼしを避けたり、GOGO!ランプ点灯後に1枚がけでボーナスを狙う(=いずれも自らの打ち方でコインロスを防ぐ)ことは、技術介入の1つと言える。

現状、通常時よりもボーナス中に技術介入の要素が存在する機種が多く、特定の消化手順でボーナス1回あたりの払い出し枚数を最大限に増やす、もしくは付加機能(ATなど)に関連した抽選を有利に受けられる場合もある。

ノーマル、AT機などのシステムに関係なく、パチスロには何らかの技術介入要素があるものの(その効果は機種によって大きく異なる)、稀にまったく技術介入の余地がない機種も存在する。

ホール内での使用例


「この台、技術介入が完璧だと設定1でも機械割が100%超だ」
「とりあえず、チェリーを狙うぐらいの技術介入は必要ね」

日常生活の場合


日常生活で使う場面はほぼない。ただし、パチスロを知っている人間の場合、「何らかの技術を用いて対象のものに介入する」「その技術で利益を得ようとする」という意味で用いる可能性がある。

日常生活での使用例


「お医者さんの技術介入で、爺ちゃんが元気になった」
「男優みたいな技術介入したのに、なぜか彼女に怒られたよ」

いかがでしたか?

「技術介入」という言葉は、よく考えると日常生活での汎用性も高そうですね。実際に使ったら一般の人にドン引きされる可能性もありますけど…。

いずれにせよ、みなさんも自分なりの例文をいろいろ考えて、「パチスロ脳トレ」に励んでください!

それでは次回もどうぞお楽しみに!

ほぼ毎日流ジャグペディア

ジャグラーにまつわる言葉やパチスロ全体に関わる言葉(用語)をアトランダムに紹介していく企画。さらに、それらの用語を日常生活などで使いこなすための「使用例」も掲載していく予定です。

-企画
-,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.