企画

世界中の人々が訪れる浅草ならジャグラーの聖地になり得る説【聖地探索記 第9の章-表】

2020年8月18日

御無沙汰しております。光とご飯をいただきます!こと食いしん坊の曲芸師小杉くんです。「聖地探索記」はジャグラーの聖地を探しながら、実戦の勝敗に応じて、その街にあるグルメを堪能するプチ旅打ち企画となっております。

新しい生活様式なんて言葉を良く耳にしますよね。

スーパーやコンビニなどではレジとお客さんの間にビニールシートがあったり、マスク着用のお願いがあったり。パチンコ店でもマスク着用や、入り口での検温も実施されているお店も多いですよね。

ご飯屋さんでは、席ごとにアクリル板があったり、席が1つずつ空けてあったりとするのを良く見かけます。

自分としては1つずつ席が空いている事は大歓迎。コロナ以外でも横幅が広ければ隣の人に気を使わないで済みますから(笑)。

…くだらない自分の話はこれくらいにして、本題の方へ参ります。

前回の『北千住編』では特に大きな見せ場も無く、ジャグラー実戦ではかなり普通な結果に。さらに連勝もストップしてしまいました。コロナ前までは連勝していたので、ちょっと調子に乗っていたのかもしれません(汗)。

ホールの稼働状況はぼちぼち良く、ジャグラーはしっかり立ち回ればいけそうな雰囲気がありました。グルメはお財布に優しいお店が多く、負けた割にはしっかり堪能できたと思います。

では、企画ルールをおさらいしておこうと思います。

実戦&グルメを食すためのルール

・ジャグラーを打って勝利
→その場所付近のホールにあるジャグラーシリーズの総台数(低貸しも含む)×10円分のご飯が食べられる
・ジャグラーを打って敗北
→その場所付近のホールにあるジャグラーシリーズの総台数(低貸しも含む) ×5円のご飯が食べられる。

ちなみに今回は『日本随一の観光地で、世界中の人々が訪れる街ならジャグラーも盛り上がっている!?=聖地となり得る!?』と言う説にします。他の機種に比べたら、ジャグラーは外国の方々も気軽に打てそうですしね。


※スカイツリーと有名な金色のオブジェ

ということで、今回の聖地候補は、東京都台東区にある「浅草駅」。東京駅からなら、JR上野東京ラインに乗って、上野駅経由で東京メトロ銀座線に乗り替えて3駅目(約20分)で到着します。

浅草は商店街や飲み屋街が多いだけでなく、観光地としても有名です。食事処も多いので、食べ歩きにはもってこいですね。

ただ、広範囲に街が広がっているので、行く前から歩くのが大変そうです。そして、今は何と言っても真夏ですからね。…と言っても人力車に乗ってズルしようとは思ってないですから。もし、乗ることになったらさすがに自腹ですね(笑)。


※浅草仲見世商店街


※浅草新仲見世商店街


※伝法院通り

場所が決定したところで、「浅草」に行ってきます!!

まずはホール巡りからです。駅周辺を散策したところ、付近には3店舗。そして、訪れた時のジャグラー総台数は聖地でもトップクラスの「254台」(※浅草橋方面のホールは除いています)。

ジャグラーは1店舗を除き、100台以上と多い設置台数。今月こそは勝利して、浅草だけに?グルメ祭りを開催したいです。

では、全店舗巡ったうえで、ジャグラーだけの状況を個人的に☆の数(最大5個)で表してみます。

今月も前回に続いて、喫煙所の有無も併せてチェックしたいと思います。

A店
台数 :☆☆☆☆☆
稼働 :☆☆☆
雰囲気:☆☆☆☆
喫煙所:有(サイズ小が複数)

B店
台数 :☆☆☆☆
稼働 :☆☆☆☆
雰囲気:☆☆☆☆
喫煙所:有(サイズ中)

C店
台数 :☆
稼働 :☆
雰囲気:☆☆☆☆
喫煙所:有(サイズ中)

訪れたのは平日の11時頃。稼働が5割くらいのホールもありました。今回も全てのホールで前日以前も含めてデータ表示器をチェックしたのですが、良さそうな回数が付いていたので、かなり勝負になりそうな印象です。

前回はコロナ自粛後にいきなり負けてしまったため、今回は勝利して254台×10円(2540円)のグルメを堪能したいところです。連敗すると嫌な流れになりそうですしね(汗)。

次回、ジャグラーぶどう大豊作で高級グルメも獲得か!?

明日の裏編では、ジャグラー実戦&グルメ報告をします。ジャグラーで勝利して、浅草高級グルメを堪能してきたいと思います(じゅるり)。

聖地探索記

ジャグラーの聖地を見つけるため、食いしん坊の曲芸師(ジャグラー)小杉くんが孤軍奮闘していく実戦記。その地域のジャグラー総台数とジャグラーの勝敗で、食べられるご飯の金額を決定。勝てば総台数×10円、負けても総台数×5円と、食べるほうに重きを置いているようにしか見えないコラム。

-企画
-, , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.