スロプロ 実戦

共存共栄がコツコツ勝つコツ【こまどり日記 その31】


おはよう諸君。俺の名前はこまどり。パチスロで生計を立ててる、いわゆる「専業」ってヤツだ。自己紹介は初回のコラムを見てもらいたい。ここではジャグの稼働のみを切り出してレポートを書くことになっている。

コロナ自粛もそろそろ幕引きになってくれればいいのだけれど、東京は最後の牙城のように粘っている。現状、10万人に1人2人の新規感染者ってレベルまできているのだから、厳重注意しながら経済活動(俺の場合はパチンコ屋)を再開してくれてもいいんじゃないかと思っているが…どうなのだろう?

そんなこんなで今回も過去のお話。暇つぶしに、ながら読みしてください。

———特定日と特定末尾

短期間だけどガッツリバブルだったな〜

バブルって今の若い人が聞いてもわかる用語なのかな? 簡単に説明すると、昔昔、日本の土地がガンガンに値上がりしてって時期があったのです。その時に人々は土地を買い、値上がりしたら売却する…というぬれ手に粟状態を繰り返していたのです。同じ広さの土地が時間が経てば値上がりする…夢のような状態です。資産はまさに泡のように膨れ上がり、そして壊れて消えました。消えた後に手元に土地を持っていた人はさあ大変。今度は逆にみるみる値下がりです。あな恐ろしや。…みたいなことが昭和にあったそうで、その「ぐんぐん値上がりしてる〜!」って状況をバブルと呼んでいたそうな。ひとことで言うと大儲けの確変状態って感じ。

さてそんな与太話をしたところで本題。俺のショートバブルのお話ですよ。

ちょっと車で遠出をして良さげな店を見つけたのね。
☆3.9の付く日が異常に強い
☆末尾3.9のどちらかに入る
いわゆる「サンキューの日」みたいな感じで力を入れていた店舗なんだけど、車じゃないと通えない立地ということもあって、客つきもイマイチ。でも何度か通えば先述の法則があるのは丸わかりだった。

要するに3.9の付く日に末尾3か9の台に座れば高確率でツモれるって状況だったのね。で、狙い台はというと…。

・マイジャグ3が18台→末尾3と9が2台ずつ
・ファンキーが9台→末尾3と9が各1台
この末尾3と9で合計6台。設定配分は1/2で5.6…って感じ。さらに、ライバルはノリ打ち2人組みだけ。これってメチャクチャ美味しい状況だよなー、でもライバル増えたら困るよな…って思うじゃん?

で、だ。この状況を長く続けようと思い、ノリ打ちの2人組みに話しかけてみた。
「あのー、この状況ってメチャクチャ美味しいですよね? 派手にやらないで、細く長く抜きません?」
向こうもお互いの人数を増やして根こそぎ狩るみたいなことはしたくなかったようで、ここに共同戦線が結ばれたのだ。

自分はツレを1人呼んで、ノリ打ち2人組みと合わせてもちゃんと狙ってくるのは毎朝4人という状況。3.9の日はほぼツモってたな〜。こんな状況が4ヶ月くらい続いたかな? ある日、店長が代わってなくなってしまった。それでも毎月10万以上の収支を安定して稼がせてもらってたので、しっかり甘い汁を吸えたなと。

今さ、どこの店に行ってもいがみ合うような軍団や張り付き連中が多いじゃない? それってあんまり上策だとは思えないんだよね。もっとコミュニケーションとって賢くやろうぜ? そのほうが自分の収支を守れるもの。

コロナ自粛が開けたら店が開くけど、美味しい状況なんてそうそうないハズなんだよ。だって2ヶ月くらい売上0だったんだから、出玉のサービスなんてできないでしょ? そんな中で苦労して見つけた勝ち筋をアッという間に消化していたら、すぐに詰むぞ? 前々から言ってるけど、俺たち専業は店と常連に勝たせてもらってる存在だからバランスが大事なんだよね。目立つな、勝ち取れ!なんつって。ではまた!

こまどり日記

パチスロで生計を立てている「こまどり」の実戦記。ただし、ジャグラーを打った日のみをピックアップして書いていきます。スロプロはどのようなスタンスでジャグラーと向き合っているのか…? ジャグラーの立ち回りの一助となれば幸いです

-スロプロ, 実戦
-, , , , , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.