実戦

ジャグラーで勝てる台・負ける台の特徴を知っておけば勝率アップ!?【ハゲっちオカルトダイアリー28】

2020年3月27日

6号機ジャグラーはもう目の前!?

(写真提供:ほぼ毎日ジャグラーニュース)
いよいよ6号機ジャグラーのデビューが間近ですね! 確か「春ごろ導入」って言われてませんでしたっけ!? ウロ覚えですけど。コロナの影響で遅れるかもしれませんけど。楽しみなことに違いはありませんよね。

今年はいくつかの6号機ジャグラーが導入されていくと思う(希望込み)のですが、「こんなジャグラーを打ってみたい」と、わたくし『ハゲっち』が考えた台を紹介したいと思います。

そうです。何のためにもならない唯我独尊トークです。でも、ジャグラー好きが考えたジャグラーなので、「いいね、それ!」って言ってもらえる内容もあるかと思いますよ?

①機種名は「オールジャグラー」
このドリーム機種のウリは歴代のジャグラーのプレミアがこの1台で味わえる。ゴージャグの「無音」や「もわもわ」。アイムの「レバーオンファンファーレ」。ファンキーの「エレキ点滅」や「7セグ」。スーパーミラクルの「逆回転」や「音声告知」。ハッピーの「全消灯」など、ありとあらゆる全て(オール)のプレミアが楽しめる。
(マイジャグシリーズは…?と思うがコメントを差し控える編集マンなのでした)

②新プレミア搭載
枠外プレミア透過液晶特大GOGOランププレミアを搭載「枠外プレミア」とは、パチンコの海物語シリーズのプレミアと同様、枠外(枠上or枠下)に「777」が揃ったらプレミア。「透過液晶特大GOGOランププレミア」とは、パチスロはジャグラー以外打たないのでよく分からないが、パチンコで言う「牙狼」や「慶次」のように、透過液晶でリール前面にドデカくGOGOランプが浮かび上がる…というもの。

③設定は3段階
設定Aは合算1/152
設定Bは合算1/138
設定Cは合算1/125
遊びやすさを重視。設定Bでも機械割100を超える。
④ゾロ目の新楽曲を追加
「スキャットマン」と「We Will Rock You」と「ワイルド・シング」のテンションが上がる楽曲を追加(版権が厳しいかも!?)

⑤ジャンバリの声が「K崎」さん
ジャグラーの生みの親であるK崎さんのボイスであれば、誰もが納得のプレミアサウンドになること間違いなし。古き良きパチンコホールのマイクパフォーマンスも、経験豊富なK崎さんなら耳に残っていてしっかりと当時のような雰囲気をだしてくれそうです。

めちゃくちゃ絞って書きましたが、私の「こんなジャグラーを打ってみたい」はこんな感じです。北電子のお偉いさんがこのコラムを見てくれて、少しでもアイデアが採用されたら光栄です。アイデア料はお気持ちでいいのでいただければ幸いです(ジャグラーグッズ詰め合わせとか)。
(アイデア料って…このコラムにおとがめナシなだけでもありがたいと思えよというコメントが喉元まで出かかりましたがグッと堪える編集マンなのでした)

ジャグラー新入生の皆さん、いらっしゃい!

さて今回は、春=新入生&新社会人ということで、この春ジャグラーデビューをする方々のために、単純にこんな台は好調(勝ちやすい)ですよ・こんな台は不調(負ける可能性大)ですよというのをレクチャーしていこうと思います。
(こちらはいわゆるオカルトなので、ジャグラー新入生の方は曇りなき眼で情報を見定めて立ち回ってください)

・好調台の特徴
①BIGに偏る(BIGの方がバケより多い)
②追加投資することなく最後まで完走する(しかも低投資)
③ジャグ連をよくする
④大きなハマリが数回のみ
⑤中ハマリ、大ハマリ後は必ずノマれた分のコインがすぐに戻ってくる
⑥BIGの塊がちょこちょこやってくる
⑦プレミアは少なめ

・不調台の特徴
①バケに偏る(バケの方がBIGより多い)
②ノマれて追加投資を何回もする
③ジャグ連はあまりせず、しても2〜3連止まり
④大きなハマリが何回もあり、履歴(データ)にビルが建ってしまう
⑤ハマった後はジャグ連してもバケ2〜3連だけで終わり、またハマる
⑥浅い回転数(20回転以内)でよくバケを引く
⑦やたらとプレミアが出る

当たり前っちゃ当たり前のことなんですが、私が特に声を大にして言いたいのが、やられた!と思ったら、それは99%ダメ台なので、即ヤメor即移動がオススメです。どういうことか詳しく説明していきましょう。

まずは最初の大当りがバケだった場合。
その持ちコインで繋がればまだいいですが、ノマれた時、ほとんどの人が追加投資で100回転、もしくは150〜200回転くらいまで様子を見ると思うんですよね。で、次にBIGを引けたり、バケだったとしてもすぐに持ちコインでBIGを引ければいいのですが、最悪なのが、ここからバケばっかな時。200回転以内で当たるし、バケが先行しているので設定いいかも?と勘違いしてしまう。で、追ってしまうと単なる低設定(2or3)のバケの偏りで大怪我することになる。バケが先行するとどうしてもヤメづらくなる。気付いたら2万円を吸い込まれて、その頃には時すでに遅しで、「やられた!」となるのである。

続いて最初の大当りがBIGだった場合
このパターンでも、150回転くらいでバケを引き、ジャグ連もせずにノマれて追加投資するハメになった時は「やられた!」となる。不調台はBIGのコインがあと僅かな時にペカっても、大抵はバケで、そのバケのコインもあっという間になくなってしまう。要は繋がらない時は、ほとんどダメ台なことが多い。こういったケースには十分に注意が必要である。

その他では、ハマった後の挙動に注目してほしい。好調台は、ハマった後にBIGの塊が来て、ノマれた分のコインがすぐに戻ってくる。なんだったら更に増えていたりする。逆に不調台は、ハマった後にジャグ連せず、200回転くらいまで粘ってみるも、バケだったりする。仮にジャグ連してもバケ3連だけで、実質コインは全然増えてなく、合算だけが良くなるというパターンは典型的なダメ台の証である。こんな台にでくわしたら、即おさらばが吉。

ヤメ時だが、「今ヤメればプラスだし…」とか「もうコレ以上出ないかもな…」なんて一瞬でも思ったら(考えたら)、欲を出して粘らずに即ヤメしよう! 私の経験則から言うと、9割がヤメて正解となる。粘っていたらあと1000枚出たのに…なんてことも1割ほどあるかもしれないが、長い目で見ればカマを掘られるよりも粘ってマイナス(勝ち額を減らすor負債を増やす)になることの方が多いと私は思うので、勝っているうちにヤメ(勝ち逃げ)を心掛けよう。そうしたコツコツが勝ち組になるコツなのだと私は思う。

~結論~
好・不調を見抜き、勝ち逃げを心掛けよう!!

ハゲっちオカルトダイアリー

40代妻子持ちのごくごく一般的な会社員でありながら、毎日のようにジャグラーを打っている少しネジのハズれたオジサン「ハゲっち」。オカルト全開の立ち回りにもかかわらず、なぜかプラス収支を刻んでいるのだ。ジャグラーに異常なまでの愛を注ぐ彼の思考を知れば、アナタのジャグラーの立ち回りに、新たな世界が開けるかもしれない!?(勝てるとは言ってない)

-実戦
-, , , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.