スロプロ 実戦

ゴーゴージャグラーで合算確率をもとに台選びをした結果【銭ゲバジャグ戦記♯18】

2020年1月30日

データは嘘をつかないが、使いようによっては誤解を生むらしいし、データによっては嘘が暴かれることもあるらしい。

例えば肺がんとタバコの因果関係。厚労省のデータによれば喫煙率は年々低くなっているにも関わらず、肺がんの罹患率は年々上がっているとか。

喫煙者・非喫煙者共に浴びる副流煙の量は相当少なくなっているはずなのに…。

このデータを国民皆が共有できていれば、改正健康法などというふざけた法律は施行されないのではないかと、ひそかに思っている道化光です。

ただし、過去にコラムで記した咥えタバコで打つ奴は許せないということは譲れないので、誤解なきようお願いしたい。

さて、今回も○○が足りていないシリーズ…と言いたいところだが、これまで打ってきたBIGやREG確率が足りていない台は、リスクが高すぎて精神的にも財布にも優しくない。

足りていないシリーズで許せる範囲は、BIG・REG確率が共に設定6以上、あるいは片方が設定6以上かつ片方が設定4or5程度の台で、総回転数だけが足りていないパターンである。

ただ、中途勝負のケースでこれらを打つのは立ち回りとして王道といえば王道なので、“足りていない”とこれみよがしに言うのはやめようと思う。

今回発見したのは1409Gと総回転数が足りてないにも程があるものの、BIG・REG確率共に申し分ない台(BIG9回(1/156.5)、REG7回(1/201.2)、現在245G。

機種はゴーゴージャグラーだが、これだけ総回転数が少ないと、ボーナスを引けずにハマると確率はみるみる下がるので、早めに見切れるのもこの手の台の魅力でもある。

もうひとつ先に伝えておきたいのだが、今回の実戦店舗はデータ表示器が良質という事。BIG・REG確率&合算確率は容易に見られるし、スランプグラフもワンアクションで見られる。

この手の店舗では、優秀な台が空き台になってもすぐに確保されてしまい、見つけられることはほとんどない。この日はタイミングというか巡り合わせが良かったのだろう。

さて実戦に戻るが、着席後は早々にGOGO!ランプが点灯。

捨ててあったゲーム数が245Gであるため、表示上は295Gでのボーナスとなった。

ここでいつもしている全く根拠のない話を…。

個人的に300Gを超えないことは非常に重要だと考えている。300Gを超えてしまうと、ボーナス抽選されていないかのような大ハマリが多々あるため、300Gを超えると途端に台を捨てたくなる。

この日は幸いにして2000円で食いついたが、2000円目のコインを使い切ったら310Gぐらいになっていたであろうことを考えると、もしかしたらやめていたかもしれない。

また話がそれてしまったので話を戻すが、2ペカ目は設定差の大きいチェリー+REG。

今回はBIGが充分足りているので、設定的にはREGが出てくれても問題ない(とは言ってもREG確率も6以上なので、BIGのほうがありがたいが)。

その後も300Gを超えるハマリが一度もなく順調にペカっていたが、早いゲーム数でのBIGの連チャンがなく、出玉の増加スピードは比較的遅かった。

こんな時は、往々にして一回の大ハマリでチャンチャン!!というパターンもあるが、初期投資が2000円だったので全飲まれでも仕方がないと、悩むことなく打ち続けることができた。

そして後半、早い段階でのBIG3連チャンが来て、一気に出玉を増やすことに成功。3連目のBIGを消化し終えたところで、時刻は22:15。

出玉はこの日の最高潮まで達した。終了後の0Gヤメも考えたが、波的に上昇傾向にあるため、あとワンBIG、ツーBIGぐらいいけるかなと続行…。

結果、22:40頃にはそこから350枚程度減らして実戦を終えることになってしまった。

実戦結果
50 777 2K
82 REG
62 REG
144 777
75 REG
241 777
58 777
205 777
119 777
12 REG
52 777
5 777
101 777
265 ヤメ

自身の実戦結果
総ゲーム数 1471G
BIG 9回(1/163.4)
REG 4回(1/367.7)
投資 2000円
獲得 1089枚
収支 +21500円

この台のトータルデータ
総ゲーム数 2880G
BIG 18回(1/160.0)
REG 11回(1/261.8)

最終的な数値はBIGが設定6を振り切っていて、REGは設定4と5の間に落ち着いた。おそらく中間設定だと思われるが、だとするならBIG確率は1/260.1~269.7で大きな差はない。

つまり、この日はBIGのヒキに助けられたことになるが、まあ、ジャグラーでの勝利なんて7割8割がBIGを引けたか否かなので、そこはあまり気にしないでおこう。

今回の実戦は、せっかく優れたデータ表示機の台で打てたので、スランプと最終データの写真も添付しておく。

今後もこの手の店で、打つべき機種を見つけられたらできる限り表示器の写真を添付したいと思う。

ただし、普段はボーナス回数しか表示していない店での実戦が多いので、過度な期待はしないでもらえると幸いである。

さてこの日の晩飯だが、プラス差玉は1000枚強だったものの、初期投資の少なさが幸いしたため2万以上のアガリを手にすることができた。

ラーメン好きとは言え、さすがに今回もラーメンではセコイと思ったので、以前、知り合いに連れて行ってもらった渋~い居酒屋にて一杯引っ掛けさせてもらった。

この日も刺身が最高に美味かった!!

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.