スロプロ ファンキージャグラー2 実戦

久しぶりに夜からファンキー2で勝負【銭ゲバジャグ戦記♯194】

2023年6月29日

負けが込むと冷静さを欠いてしまう道化光です。

某機種で中チェが500G引けないとか、心音が100G以上も青のままだとか、理不尽なハマリを喰らうとイライラしてきて、出るまで打ってやると思ってしまう。

およそノーマルタイプを打っている時とは別人格の自分が現れてしまう。

一旦冷静さを欠いてしまうと、爆裂するかタネ銭がなくなるまで打ってしまうのがいつものパターン。

なんとか冷静さを取り戻す術はないものかと、常日頃から模索していた。

そんな時、買い物などの際に勢いで買ってしまわないよう、冷静になる手段を紹介している動画を見付けた。

その動画によれば、人は自分の顔を見ると冷静になるらしい。トイレがあれば駆け込み、鏡で自分の顔をじっくり見てみるとかなりクールダウンできるそうだ。

これなら簡単に実践できそうだし、トイレに行くのが面倒ならスマホで自撮りして、その写真をチェックするのも同等の効果を得られるようだ。

さらにスマホを立ち上げず、真っ暗なスマホの画面に映る自分の顔を見るだけでも効果があるという。

今度、大ハマりしたらスマホを取り出してやって見ようと思う。

 では、夜実戦レポートの話をしていこう。

以前にも書いたと思うが、最近はBIGもREGも設定6以上の数値で放置されている台が非常に少なくて夜実戦が厳しくなっている

かと言って、朝イチ実戦の戦績も芳しくない。

自分がツモれていないだけなら問題ないのだが、夜実戦でも打てる台が見付からないということは、設定そのものが下がっているのではないかと疑っている。

スマスロ登場で業界は活気を取り戻したと言われているが、我々が愛するジャグラーを含めたノーマルタイプはかなり厳しい状況に追いやられているように感じる。

ジャグラーで勝てなければ明日のメシ…いや、今日の晩メシすら危うくなるので、なんとか勝利したいところ。

そんな中、見付けたのが以下のファンキー2である。

総回転数 1572G
BIG 9回(1/174.6)
REG 7回(1/224.5)
112G放置

総回転数が少ないので不安はあるが、BIGとREGのどちらも設定6以上の数値をキープしている台。早速打ってみることにした。

初ペカは開始から76Gで、初期投資が2000円に抑えられたもののREG。出玉はあっという間に飲まれてしまう。

追加投資を極度に嫌う自分ではあるが、BIGもREGも設定6を上回っているので、当然ながら実戦続行。

追加2000円で待望のBIGに当選する。

BIGの出玉が飲まれたらヤメる…のが基本的な自分のスタイルだが、出玉が無くなった時の数値は、総回転数2003Gに対してBIGが1/200.3、REGが1/250.3

REGが設定6の確率を下回ってしまったが、まだ設定5以上ではあるし、何よりもBIGが設定6以上なので、飲まれヤメというセオリーは無視して追加投資を決意した。

追加投資は3000円に収まってくれたが、残念ながらREG。出玉は100枚弱しか増えないのに、またしてもREG確率が設定6に近付いてしまった。

ヤメるにヤメられず、再び追加投資に突入するが、幸いにして1000円でBIGに当選。次こそは出玉が飲まれたらヤメようと心に誓い、実戦を続けた。

この出玉も飲まれそうになるが、クレジット+ひと握り程度のコインを残してBIG…。なんとか繋がった。

前回のBIG後にクレジットで82Gも回ったため、204Gのペカりでもコインが残っていたのは幸運である。

もしも、このターンでブドウの落ちが悪かったら、200G回せずにコインが飲まれ、ヤメていたかもしれない。

せっかく繋がった命だったが、連チャンには至らずに182GでBIG。そしてまたしてもコインが飲まれそうになるギリギリの249GでBIGと綱渡り実戦が続く。

結局、この日は一度も2桁ゲーム数での連チャンせずに一度BIGを挟んだあと268Gで全コインが飲まれて実戦を終了した。

 以下、実戦データである。

76 REG 2K
150 777 2K
322 REG 🍒 3K
106 777 1K
204 777
182 777
249 777
169 777 先告知
268 ヤメ

トータルデータ&実戦結果

個人回転数 1726G
BIG 6回(1/287.6)
REG 2回(1/863.0)

総回転数 3298G
BIG 15回(1/219.8)
REG 9回(1/366.4)

投資 8000円
回収 0枚
収支 -8000円

BIGが連続したおかげで粘ることができたものの、REG間1178Gハマリで、最終的なREG確率は1/366.4、設定3の数値にまで落ちてしまった。

朝イチ実戦が不調な上、夜実戦にまで負けてしまった。まさに危機的状況である。

この日打った台も設定6の数値はキープできていないことから、中間設定のBIG引き強ではないかと思う。

その判断が正しかったことは、翌日のデータカウンタのチェックで教えられることとなる。

自分がヤメたのは21:30。

その後は閉店まで約1000G回され、BIG・REG共に2回ずつ引いて終わっていた。確率はBIGが1/253.5(設定3の近似値)、REGが1/391.8(設定2と3の間)だった。

このあとも、導入予定の6.5号機やスマスロが数多く控えている。

スロ屋の設備投資が嵩み、ノーマルタイプの状況が厳しくなりそうだが、我々ジャグラー打ちの希望の光はゴーゴージャグラー3の導入

ゴージャグ3がジャグラーのシマ全体を底上げし、ジャグラーコーナー、ひいてはノーマルタイプ全体の活気を取り戻してくれると信じて期待しようではないか。

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, ファンキージャグラー2, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2023 All Rights Reserved.