ハッピージャグラーVⅢ 実戦

新年1発目なのでハッピーな気持ちになりたくてハピジャグを打ってきちゃった!【ジャグラー555その12】

どもどもー! 今月も、今年も、一二三(ひふみ)四郎のお時間がやってきましたよー!

っていうか、あけましておめでとう! 年が明けて良いことなんて四郎の人生には一つもないけど、とりあえずおめでとう。今朝、お雑煮でも召し上がってやろうと思って、新年一発目の床ドンでババアを呼び出したんだよ。そしたら、開口一番こんなことを言われちゃってさ。

「もう少ししたら、親戚が子供達を連れて家に来るからね」って。

四郎、すぐさま家を飛び出したよね。正確には、「親戚がk」ぐらいで飛び出した。「こ」が音になる前の「k」で飛び出したから。ホント、四郎って競技かるたやってたら良いセン行ってたと思うよなぁ。

世の中で親戚とその子供より怖いものってないよね。だって、親戚は四郎の顔を見る度に

「仕事はどうした」
「毎日なにをやってるんだ」
「お母さんも若くないんだから」
「彼女はいるのか」
「早く孫の顔を見せてやれ」

そんなことばっかり言ってくるし。まったくナンセンス。そんなに孫の顔を見せたいのなら、お前らの子供を四郎に差し出せっつーんだよ。あ?

ガキどもはガキどもで
「お年玉ちょーだい!」
「ゲームばっかりしてるんでしょ? いいなぁ~」
「おじさん、なんか臭い」
「おばあちゃんがかわいそう」

とか言ってきやがる。お年玉なんかやらんし、臭くないし。あとババアはおばあちゃんじゃねぇ! ババアのポテンシャル舐めんなよ! あと30年はイケる! 四郎のために生きられる! 少なくとも四郎が年金を受給できるまで…23年ぐらいは頑張ってもらう!

まあまあ、実際はそれを言われることも、言い返すこともないんだけどね。だってほら、こうやって逃げ出した…いや、緊急避難したんだから。無益な戦いは避けるが吉。待ち人は来ず。おみくじなんか買わなくても、そう書いてあるのは明白だよ。

さて、どうするか。

元日じゃあアニメイトもやってないし。やっているのはパチンコ屋さんぐらいなもんか。そういえば555ジャグラーの実戦をまだやっていなかったな。そうそう、12月25日は部屋で毛布をかぶって、時が過ぎるのを、日付けが変わるのを、ただジッと待って過ごしたんだから。

あんな日に外に出るなんて、それこそギャンブルですよ。しかも負け確定のヤツ。横を通り過ぎるカップルの数が5を超えたあたりで四郎、発狂しちゃうし、失禁しちゃうからね。セーフ。部屋にこもっていて本当に正解だった。

今日は1月1日だし、5の付く日でもなんでもないけど、555ジャグラーの実戦をやってしまおう。掟破りって思われるかもしれないけど、こういう柔軟さがこれからの日本を支えると思うんだよね。だから頑張れ、若者は柔軟に頑張れ! 四郎は部屋からずっと応援してる! もしくはパチンコ屋から応援してる!

というワケで腰を下ろしたのはハッピージャグラーの425番台。5の付く日じゃないし、マイジャグVでもないから、せめて末尾5だけは守ろうっていう四郎の気遣いから生まれた台選びだよ。え? マイジャグV? 空いてたよ?

いやあ、でもさぁ。やっぱり元旦はハッピーから始めたいじゃん? 一年の計は元旦にありじゃん?

順押しでBARを上段にビタ押ししたいじゃん?

四郎はホント、ここ狙いが好き。ビタ止まりしてベルテンパイ(右中段7以外)からの小役ハズレでネジりまくるのも良いし。

1コマ滑りでピエロ・ボーナス・ピエロのリーチ目を狙うもの好きだし。

2コマすべりからリプレイハズレを願ったり、左・中でBARをテンパイさせてトイレに行くのも好き。自動停止しないけど。

もちろん、たまに変則押しするのもアリ。中押しも逆押しも全部面白いからね。まあまあ、結局は何をやってもペカる時はペカるし、ペカらない時はペカらないんだけども。

2023年、初ペカリは先ペカ(ストップボタン有効時)。左リールを停めたのとほぼ同時だったね。その次のペカが

チェリ同。まあまあ、これはこれで良いよね。その次が先ペカ。その次はチェリ同。うんうん。

はぁ? 全然ハッピージャグラー打ってる意味ゼロなんですけど? はぁ? さっき話した左リールからのアレコレを全然堪能できないんですけど?

はぁ? 絶対設定ねーし! しかも3台設置のハッピーの中で、REGを引いてるのが四郎の台だけだし!

やば! この店やば! っていうか正月営業ヤバ!

まさか、こんな短時間で14000円もヤラれるなんて…まあでも、あのまま家にいたら親戚の子供たちにお年玉をあげなきゃいけなかったじゃん? そうしたら14000円じゃ済まないじゃん?

ババアの話だと、あんなに小さかった子供達もみんな中高生らしいからさ。どんなにケチっても2万円は飛ぶじゃん? そう考えると、大事なお金を大好きなハッピージャグラーに入れられて、四郎は本当に幸せだと思ったよ。

親戚の子供達も「ああ、ただ生きてるだけでお金を貰えるなんて思っちゃダメだよな。四郎さんはそういうことを僕らに教えてくれたんだな。ありがとう、四郎さん」って学んだはずだし。そういう意味では、何よりものお年玉になったと思うよ。

ハッピージャグラーでの初打ちを済ませた後、四郎は神社で「2億ぐらい急に貰えますように。あ、贈与税とかは先に払っておいてください」っていう例年通りのお願いをして、家に帰ったよ。

こんな四郎だけど、2023年もヨロシクね! ドンッ!

-ハッピージャグラーVⅢ, 実戦
-,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2023 All Rights Reserved.