スロプロ ハッピージャグラーVⅢ 実戦

スロプロでもハッピージャグラーv3を打ちたい日【銭ゲバジャグ戦記♯166】

2022年12月15日

やらなければならないことがあっても、ギリギリまで追い込まれないと手を付けない道化光です。

夏休みの宿題などで、先にやってしまう派とギリギリまでやらない派の論争はよく耳にする。

先日読んだネット記事によれば、やらなければならないことがあるのにダラダラしてしまうのは生き物として当たり前の習性であるらしい。

そもそも、動物は腹が減ったら食事をし、それ以外は寝ているか生殖活動をしているか。

その程度しか活動しないと言われており、人間がダラダラしてしまうのは、生物としての本能が残っているからなのだとか。

自分の場合は実戦をギリギリまで行わない…などということは出来ず、イベントを中心にして有利な状況で打つようにしている。

そのため、タイムスケジュールは実戦を中心にして組むのだが、記事を書くタイミングは、ギリギリまで手を付けずにいることが多い。

そういう意味で、動物の本能的な部分が残っているのかも知れない(野生の勘が残っているのなら歓迎だが)。

 では、実戦の話に移ろう。

今回も夜実戦。

ハッピーが面白すぎて、ハッピーの空き台からチェックして回るのが最近のルーティーンとなっている。

今回ターゲットとした店舗は、スマスロ未導入で6.5号機も比較的少なめな店店内POP的にはジャグラーを推していると窺えそうである。

この日に見付けたのは、以下のデータだったハッピー。

総回転数 3051G
BIG 14回(1/217.9)
REG 8回(1/381.3)
183G放置

3000G回っているので、回転数的にはまずまずで、BIG確率は設定6以上と十分。

ただし、REG確率が設定1と2の間なので、普段ならスルーするところ…。

だが、他に打つ台がなかったことに加え、ハッピーで勝ちたいという気持ちが強くて、若干強引ではあるけれど、打ってみることにした。

初ペカは78G。初期投資は2000円だが、まだクレジットに39枚残しての当選だったので、初期投資は限りなく1000円に近い状況となった。

当選したのはBIG。大事なことは、このあとにREGを重ねること。

ただし、ハマったあとのREGでは意味がないので、100G以内にペカらせたいところだ。

希望通り48Gと早めにペカったが、このボーナスもBIG。さらに20GでBIG…欲しい時にREGを引けない、一筋縄ではいかないジャグラーらしい挙動である。

ただ、この時点で総回転数が3197G。

BIG確率は申し分ないものの、REG確率は1/399と設定1を下回ってしまった。

流石にREG確率がここまで落ちた台を追い続けるのはリスクが高いので、このタイミングで、持っていた出玉を箱に移した。

350枚程のコインを確保した状態で、BIG1回分の出玉が飲まれたらヤメることを決め、実戦を続行。

約600枚と出玉には若干の余裕があったので、なんとかREGを2~3回引きたいところだったが、ペカらないまま200Gを超えてしまった。

今日は+5000~6000円で帰ろう、そんなことを考えつつ帰り支度をしようとしたその瞬間、レバーONと同時にスタート音が鳴った。

フライング告知と呼ばれるプレミア、イコールまたしてもREGを逃してしまったワケだ。

ここで、総回転数は3398G、REGは1/424にまで下がってしまい、実戦終了を決断

オカルトには否定的な自分だが(完全否定ではないが)、ジャグラーは何故か100G回さないとヤメられない。

当コラムを読んでくれている方なら承知してくれていると思うが、閉店時間が迫っているとき以外は、100G回してから離席するのが自分の中でのルールとなっている。

100Gでヤメると決意したその後は、89GでBIGを引き、その後の100Gで実戦を終了した。

 以下、実戦データである。

78 777 2K
48 777
20 777 🍒
201 777
89 777
100 ヤメ

トータルデータ&実戦結果

個人回転数 536G
BIG 5回(1/107.2)
REG 0回( - )

総回転数 3587G
BIG 19回(1/188.7)
REG 8回(1/448.3)

投資 2000円
回収 673枚
収支 +12500円

最終的なボーナス確率は、BIGが設定6をはるかに凌駕しながらも、REG確率は1/448.3と撃沈。自身の実戦では結局1度もREGを引けずに終わってしまった。

この台の設定は…正直全く分からないが、中間設定のBIG引き強ではないかと、勝手に思っている。

ハッピーはアイムやマイⅤほどREG確率に顕著な差はなく、BR比率的にも設定差は大きいわけではない。

したがって、ハッピーはREGがブレやすいし(そんなことを言うと、BIGはもっとブレやすいということになるのだが…)、結果が良かったというただ一点を拠り所に、低設定ではないと捉え、気持ちよく帰ることにした。

ただ、高設定と確信できるような台が他にも見受けられなかったので、今回の店舗では朝イチや長時間実戦には向かないだろうことは分かった

 さて、このところ負けたり体調不良だったりで休んでいたラーメン応援企画を。

今回は行きなれているスロ屋ではなかったので、ラーメン屋も初見の店だった。

長浜系のとんこつラーメンでスープは見た目と違って非常にあっさり、味も薄目で美味しかった。

とんこつ系は塩気の強い店が多いので、しょっぱくないスープはウェルカムである。

麺は長浜っぽく極細ストレート。細麺は低加水でモチモチ感がないためあまり好きではないが、長浜系のとんこつには、やはりこの麺がマッチするのかもしれない。

この日と同じ店で勝利した場合は行く可能性もあるが、電車に乗って食べに行くかと聞かれれば、そこまでの店ではない。店主様、申し訳ないm(_ _)m

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, ハッピージャグラーVⅢ, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2023 All Rights Reserved.