スロプロ ファンキージャグラー2 実戦

マイジャグ5導入後はファンキー2が狙い目!?【銭ゲバジャグ戦記♯117】

2021年12月30日

ネット動画だけではなく、ある程度テレビも見る道化光です。

ただ、見るといっても生で見たいスポーツやバラエティのショーレースのテレビぐらいで、その他はGYAOやTVerなどのアプリで見ることが多い。

これらTV系アプリは、東京では見られない番組を観ることができて、特に関西のバラエティを観られるのが嬉しい。

そんな関西のバラエティ番組内で行われた街角インタビューで面白いものを観たので紹介したい。

大阪の街角で40~50代のやや香ばしい感じの大人に「スマホの検索履歴を見せてください」と頼む企画。

最初は女性に話しかけるのだが、ほとんどの人が躊躇なくスマホを見せてくれる。ギャンブル系の検索が出てきて、やや恥ずかしがる人がいるものの、本気で嫌がる人はいなかった。

対して男性…。

ほぼ全ての人が見せなかった。見せていた数人は、履歴を全て消しているからという理由で見せていた。

もちろん、見せてくれなかった女性をカットして見せてくれた男性をカットするなど、大袈裟に演出している可能性もあるが、それにしても男女の違いがあからさま過ぎて面白かった。

ちなみに見せない理由の大半は「エッチ系」の検索内容がある…ということだった。中には、浮気のネタになるようなものがあるのかもしれない。

当コラムの読者は大半が男性だと思われるが、もし女性がいるのであれば、旦那や彼氏のスマホをチェックした方がいいかも…。

イヤ、チェックしたところでソコに何一つ幸せなものはないだろうから、余計な詮索はしないほうがいいかも知れない(汗)。

 さて、今回は夜実戦である。

5号機の撤去が進むにつれてジャグラーの稼働が良くなってきたため、ボーナス確率の良い台が放置されにくくなり、夜から実戦が難しくなっている

ボーナス確率が設定6を超えているような台はまず空かないし(空いても総回転数が少ない台)、設定4レベルの台でも簡単には見付けられなくなっている。

そんな中、21:30を少し回った頃に見付けたファンキー2。

総回転数3649G、BIG・REG共に15回(1/243.2)の台である。

REG確率は申し分ないものの、BIG確率が設定4と5の間ということで捨てられたのだと思う。

ファンキー2は個人的にハマリが深い印象があるため、200Gを超えるとソワソワし、300Gを超えると大ハマリに繋がるのではないかと不安になる。

しかし、この日は300Gを超えてすぐに初ペカが降臨。

打ち始めから182Gで投資は5000円。ボーナスはBIGだった。

ジャグ連はなかったものの、出玉がのまれる前に先告知が発生。出玉が少なくなったところで引いたREGは精神的に追い込まれるが、REG終了後はクレジット内でBIGが連チャンしてくれた。

以降は目立った連チャンといえば、REG後9GでペカったBIGぐらい。しかし、大きくハマることもなかったために500枚弱をキープしつつ、閉店5分前にコインを流すことができた。

 以下、実戦データである。

182 777 5K
177 REG 先
26 777 テンパイLet's Go
223 777
54 REG
9 777
261 777
42 ヤメ

トータルデータ&実戦結果
総回転数 4623G
BIG 20回(1/231.5)
REG 17回(1/271.9)

個人回転数 974G
BIG 5回(1/194.8)
REG 2回(1/487.0)
投資 5000円
獲得 479枚
収支 +5000円

自身の実戦ではREGを2回しか引けなかったが、打ち始めた時には若干弱いと感じていたBIGを設定6以上の確率で引けたため、トータルのボーナス確率はBIGもREGも設定5と6の間に落ち着いた。

夜の短時間勝負なので、ブドウはカウントしていないが、おそらく設定5なのではないかと思う。

高設定域の出玉性能が高いジャグラーは良い挙動の台を途中で捨てる人が少なく、空き台探しに難儀していた。

しかし、マイジャグVが導入されてからの数日はファンキー2の注目度が若干下がった気がする。

最近は落ちていたとしても、REG確率が設定6以上だが、BIG確率が設定2~3以下の台ばかり。

しかし、今回のようにREGは設定6、BIGは設定4以上という台を見付けられたのは非常に大きかった。

特に夜実戦の場合は条件の良い台を見付けられるかが勝負。

したがって、今回は条件の良いファンキー2を見つけられた時点で、自分の勝ちが8割~9割決まっていたのではないだろうか。

 さて、晩飯は実戦店の近くにあるラーメン屋に趣いた。

以前に一度行った店なのだが、麺の種類が太麺と細麺を選べるようになっていたことと、“辛味”と名の付くメニューが増えていた。

この日は辛味ラーメンの太麺を注文。

濃厚な魚介とんこつにありがちな、これでもかという具合に魚粉をまぶしているわけではなく、とんこつとの相性もちょうどいい感じに仕上がっていた。

ただ、麺が“太”と言う割にはそれほど太くなく、パンチに欠けていたような気がする。

とは言え、辛味もちょうど良くてトータル的には美味しいラーメンだったので、近くのパチ屋で実戦を行う際にはまた食べに行きたいと思う。

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, ファンキージャグラー2, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2022 All Rights Reserved.