ゴーゴージャグラー スロプロ 実戦

夜からゴージャグの推定6を掴んだ結果は!?【銭ゲバジャグ戦記♯84】

2021年5月13日

かなり前から新聞の購読をヤメ、情報はネットニュースに頼っている道化光です。

先日、某ネットニュースのトピックに「コロナ解雇 性風俗に流れるワケ」というものがあった。記事には大手小売業の店長を5年努めた女性の話が掲載されていた。

緊急事態宣言で給与がカットされ、それに苦言を呈したら解雇されてしまったそうだ。

職を失った彼女は、職探しに奔走したが、緊急事態宣言下で面接に応じてくれる企業がほとんどない。しかし、日々食べていかねばならず仕方なく性風俗の門を叩いたのだとか…。

ここまで読んで、コロナに対する憎悪と、それを理由とする解雇という愚行を行った企業に対する不信感、そんな感情が芽生えたが、驚いたのはその先の記事の内容である。

転職した彼女の月収は、驚愕の260万円…

羨ましくも悔しくもあるが、驚かされたのは金額だけではない。

彼女が従事するのは客の自宅や提携するホテルに出向いて性的サービスを提供するデリヘル・ホテヘルと呼ばれているモノである。

コロナ禍のご時世、性風俗は閑古鳥が鳴いている…。そのように理解していたが、必ずしもそうではなく、繁盛している店、あるいはキャストの方々はいらっしゃるようだ。

自分は女性が大好きであるし、性風俗も否定しない。なんなら自らも利用したことがある(デリヘルは未経験だが)。

しかし、コロナが落ち着くまではそんな気にならないし、この状況で利用する人の神経がわからない。それこそ、某知事がよく言っておられる“不要不急”の極みだと思うのだが…。

風俗談義はこれくらいにして、実戦に話を移そう。

今回も夜実戦である。

ワンパターンと言われようが何と言われようが、このコラムのタイトルは“銭ゲバ”なのであるからして、勝てる行為を最優先に動いていると、自然に夜実戦が多くなるのだ。

この日見つけたのは…

総回転数 2975G
BIG 16回(1/185.9)
REG 12回(1/247.9)
173G放置の台

BIGは設定6以上、REGは設定5と6の間という台で総回転数的にも問題ないレベルだ。

3000円目を入れた次のゲームでこの日の初ペカが訪れた。あと1回ブドウが落ちていれば初期投資は2000円で済んだのに。

…と思ったが、誰の責任でもなく、ブドウを引けなかった、あるいはもう数ゲーム早くボーナスを引けなかった自分の責任なので、小さな悔しさは表情に出さず淡々と揃ったREGを消化した。

このREGでBR共に設定6の数値を上回り、仮に出玉が飲まれても粘るべき状況となった。

このタイミングで突如として大ハマリが訪れたりするのがジャグラーの怖いところでもあるが、そんな心配をよそに17G・98Gと立て続けにペカった。

が、何れもREGで満足な出玉を得るには至らなかった。

ペカれどもペカれども揃うのはREGばかり…。負ける時の典型的なパターンだが、この日はこれ以上のREGスパイラルには陥らず、64Gで待望のBIGをGETした。

その後、ハマることなくBIG→REG→BIG→BIGと重ねていき、高設定は間違いないだろうと確信に至るが、チェリー同時当選がない。これが唯一の不安材料だった

先ペカがなく、チェリー同時当選もないと退屈になりがちなのだが、一度も大ハマリしなかったことで退屈感は全くなかった。

結果的にこの日の最大ハマリは22:20を過ぎたあたりの260Gハマリだった。ちなみにこのゲーム数で当たってなかったら、閉店時間も考えて300Gまで回してヤメていただろう。

ただ、260GでのBIGがこの日最後のボーナスとなり、100G+クレジット分を打った122Gで時計の針が22:40を指していたので、ヤメることにした。

最終結果は以下の通り。

実戦データ
69 REG 3K
17 REG
98 REG
64 777
188 777
148 REG
56 777
211 777
18 777
35 REG
102 777
260 777
122 ヤメ

トータルデータ&実戦結果
総回転数 4363G
BIG 23回(1/189.6)
REG 16回(1/272.6)
投資 3000円
回収 698枚
収支 +12000円

最終的にREG確率が若干落ちてしまったことから、設定5だった可能性は高い(チェリー同時当選もなかったし)

設定6だと確信して着席したが、目算外れて最終的には設定5相当の数値に落ち着いた。このように書くと悔しさがにじみ出ているように取られるかもしれないが、全くそうではない。

銭ゲバと言っている自分にとって大事なのは“収支”のみである。

設定6に座れたから負けても問題ないとか、悔いはないとか発言している人もいるが、それは間違いであると自分は考えている。

設定6に座ることは勝つための手段であって目的ではない。

設定1のヒキ強で勝つことと、設定6のヒキ弱で負けること…自分の中での正義は前者であって後者ではない(もちろん、設定6に座って勝つのが一番の正義だが)。

スポーツの世界では「アマチュアでは内容を重視するが、プロは結果が全てである」というような文言を耳にするが、自分はスロットも同じであると考えている。

いつになくアツく語ってしまったが、晩飯の話に移ろう。

この日食したのは、カウンターのみの小さな店で、とんこつ+魚介系の店。スープは濃厚でドロっとしており、やや味が濃かった印象。麺は太麺でスープとの絡みもばっちりだった。

自分的には魚介がやや強過ぎな印象があり、もう一度食べたいかと聞かれると…微妙。ただ、カウンターは満席だったし、店を出るときには数人が並んでいたので、評判は良い店なのだろう。

次回、同じ店で勝利した暁には、もう1店舗気になるラーメン屋があったので、そこで食べたい…そう考えながら、この日は帰路に着いた。

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-ゴーゴージャグラー, スロプロ, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.