スロプロ ファンキージャグラー 実戦

ジャグラー夜実戦に黄色信号!?今回はファンキー実戦【銭ゲバジャグ戦記♯63】

2020年12月17日

ファッショナブルなモノや事柄には無縁の道化光です。

先日TVの情報番組でタトゥーについて取り上げていた。

何でも、最近の若者は軽い気持ちでタトゥーを入れてしまうのだという。番組調べによるとタトゥーを施した人の9割が後悔しているそうで、多くの人が除去手術を希望するのだそうだ。

ただし、除去手術の料金は施術料金のおよそ10倍必要だと言われている。

施術範囲が広いほど高くなるのだが、一般的にスマホ・葉書サイズで施術料金は3~5万円と言われているので、これを除去するには30~50万掛かるということになる。

タトゥーを入れることを考えている人は、施術後のリスクも十分に考えて決断するよう注意喚起しておきたい。とりあえずタトゥーシールを貼ってみるとか。

ファッション感覚で入れたいというのであれば、シールでも十分だと思うのだが。

さて、今回は安定の夜実戦を報告しようと思う。

できれば前回に引き続き、通常営業下での設定状況の把握に努めたいところではあるが、夜実戦に比べると負けるリスクが高いため、ある程度稼いでから改めて行いたい。

もちろん、夜実戦で負ける可能性も多いにあるのだが…要は確率の問題。夜実戦の方が圧倒的に勝ちやすいので“勝ちたい度”が高いときや懐が寂しい時は、夜実戦を優先しようと思う。

夜実戦を行う店の条件は、ソコソコ稼働があり、高設定らしき台がチョイチョイ空く打ち手のレベルが低め、そして等価交換

できれば46/46枚交換が理想である。これらの条件に合致する店を数店舗抑えており、今回も頻繁に使う店をチョイスした。

19:00過ぎに入店し、入念に台のデータをチェックして行くのだが、店内を歩いているうちに事件と言うか大問題が発覚する。

稼働が極端に落ちていたのである。当該店舗は6号機の稼働が悪く、まともに動いているのは5号機のAT・ART機とノーマルタイプ。しかし、動いていた機種の稼働にも陰りが見えつつあった。

それでも、21:00にもなれば2500~3000G回っている台はゴロゴロしていたのだが…。

本来なら最低でも3000G以上回っている台を打ちたいところだが、打ちたい度が高かったし、ここらで勝っておかないと生活が苦しくなりそうなので、ゲーム数的に全く足りていない一台をチョイスして実戦を開始した。

リスク回避という名目で夜実戦を敢行したのに、総回転数が足りていないというリスクを背負うのは矛盾している気もするが…。

チョイスした台は総回転数1144G、BIG・REGが各々5回ずつ、合算確率は各1/228.8のファンキージャグラーである。総回転数は極端に少ないものの、一応BR共に設定6以上の台である。

初ペカは67G、REGであった。

正直、REG確率は設定6を大きく上回っていたのでBIGが欲しかったところだが、投資2000円に抑えられたのは大きかった。

ただし、この出玉はすぐに飲まれることとなる。

追加投資のタイミングで続行or離席を判断するのだが、このタイミングでは1289GのBIG5回、まだ設定5の近似値である。REGが設定6をはるかに上回っているのであれば、続行すべきだろう…そう考えて続行を決めた。

次のペカりは87G、幸いにして追加投資は1000円で済んだ。

このボーナスはBIGで2桁連チャンはしなかったものの、100Gを過ぎにBIGを獲得。ここで400枚超のコインを確保できた。

次のボーナスは若干ハマるが、全て飲まれる寸前にBIGを獲得し、続いて66Gで告知が発生した。残念ながらこのボーナスはREGだったのでBGMの変化を聞くことはできなかったが、これでREG確率はさらに上昇することとなった。

その後は140GでBIG、83GでBIGと続き、この時点で22:30となっていた(着席まで相当悩み、打ち始めるのが遅かった)ため、クレジット分を回して帰宅することにした。

実戦結果
67 REG 2K
87 777 1K
105 777
275 777
66 REG
140 777
83 777
36ヤメ

トータルデータ&実戦結果
総回転数 2003G
BIG 10回(1/200.3)
REG 7回(1/286.1)
投資 3000円
回収 594枚
収支 +9500円

自分が打ったゲーム数を合わせても総回転数は2003G、設定を語るには余りにも短いながら、BIGもREGも設定6以上だったことから、少なくとも低設定ではないと言えるのではないだろうか。

収支は+1万円には届かなかったものの、それに近い数字を上げることができた。

今回、実戦的には成功であるが手放しに喜べない部分もある。

当然ながら稼働の問題である。実戦の後も数回この店を覗いているが、稼働は落ちたまま浮上する様子はない。これでは困ったときの夜実戦が行えないではないか。

仕方がないので、この店はしばらく手放すこととしよう。

さて、この日の晩飯であるが、店から少々離れたところにある家系ラーメン。

神奈川県民である自分は多くの家系ラーメンを食してきた。食べ過ぎにより飽きていたので、しばらく遠ざかっていたが、久しぶりに食べてみた。

感想としては…可もなく不可もないといった感じだろうか。家系はハズレこそないものの、大当たりもない。これが自分の家系に対する評価。

コロナ禍である今年は、全てのラーメン屋を応援しているので、系統に関係なくラーメンを食べまくる…この行動は今後も続けていきたいと思う(収支がショボくてもラーメンならいけるし…)。

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, ファンキージャグラー, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.