アイムジャグラー(6号機) アイムジャグラーEX(6号機) 実戦

6号機アイムジャグラーの多用されるであろう「設定3」の挙動に道化光が迫る!!【新台レポ】

2020年12月1日

最寄駅から自宅までの徒歩数分、そして出掛けた先の駅からホールへの徒歩数分。ここ数年はこの程度しか運動と呼べる行為をしていない道化光です。

いよいよ6号機アイムジャグラーEXの導入が迫って来たわけだが、このタイミングでショールーム実戦ができたので、今回はその試打レポートをお伝えしようと思う。

設定1や6の挙動は様々なところで紹介されると思うので、今回は設定3の挙動を調べたいと思う。

なぜ、設定3なのか。

スロットで設定3が頻繁に使われるのはジャグラーぐらい。少なくとも自分の知っている店舗ではジャグラー以外の機種に設定3は使われているのを見たことがない。

逆にジャグラーは設定1の絶対数が少なく、設定2と3を使う店が比較的多い。そういった意味では、設定3の挙動を知っておくのはちょっとしたアドバンテージになると思う。

さて実戦の話に戻すが、初ペカはチェリー同時当選。左リールにチェリーが停止し、中リールは4コマスベった…気がした。

余談になるが、自分的にジャグラーのリールはスベりコマ数の判定が他メーカーより難しい、と感じている。これは4コマスベったかなと思ったのに、ペカらなかったり、これは3コマしかスベってないだろうと思ったのにペカったり。

次に当たったのは、162GのBIG。そして、再びチェリー同時当選のBIG。

5号機で言うと、REGほどではないが、BIGでもチェリー同時当選が多いほど高設定期待度が高まるはずだが、今後出てくる情報で、チェリー同時当選の期待度に注目したい。

続いて、2桁ゲーム数でREG、さらに100Gを越えた瞬間にREGを獲得。ここまでのゲーム数は458G、REGの数値も設定6に追いついたということで、実際の店なら続行しているだろう。

その後はBIGを1回挟んだあと、421Gハマリ実際の店ならこのハマリで離席を悩むところだろうが、この当たりがチェリー同時当選だったため、若干ヤメ難い。

1035Gでチェリー同時当選×3…全てBIGではあるものの、できればもう少し様子を見たい。ただ、このハマリでREGが1/517.5になっているので、捨てる可能性は十分にある。

ショールーム実戦なのでその後も打ち続けるわけだが、このハマリの後に2桁ペカりが6回。ボーナスが計7連チャンする

続いて120G、46Gと続けてチェリー+REG同時当選を獲得。この段階で1443G、BIG9回(1/160.3)、REG6回(1/240.5)。BIGはもちろん、REGも設定6以上、しかもBR共にチェリー同時当選を複数回記録している。

その後もハマることなくボーナスを重ねて行くが、残念ながらプレミア告知を確認できなかった。ただ、プレミア発生率に設定差はないだろうから、導入後のリアル実戦で確認したいと思う。

実戦データ

66 BIG チェリー
162 BIG
31 BIG チェリー 先告知
95 REG
104 REG
156 BIG
421 BIG チェリー
11 BIG
18 REG
44 BIG
5 REG チェリー
98 BIG チェリー
66 BIG
120 REG チェリー
46 REG チェリー
121 BIG チェリー
121 REG
67 BIG
27 BIG 先告知
103 BIG
64 REG
90 BIG
25 BIG
100 ヤメ

最終結果は…

総回転数 2161G
BIG 15回(1/144.1)
REG 8回(1/270.1)
ぶどう 348回(1/6.21)

BIGは設定6を振り切っており、REGは若干下がったものの、設定4と5の間である

ぶどうは…数値がまだ出てきていないし、設定毎に変化するのか、5号機のアイムジャグラーのように設定6だけ優遇されているのかが分からないので何とも言えないが、5号機アイムの設定6に限りなく近い数値となった。

今回設定3を打った結果…2000G程度なら、設定3は高設定にも充分バケる可能性があるのだろう。低設定に座ったら絶望的と言われる6号機にあって、この“ブレ”は打ち手にとってウェルカムな要素ではないだろうか。

そういえば、5号機のジャグラーでも知り合いの店長がこんな事を語っていた。

ジャグ(特にアイムとゴージャグ)は、全台設定3にしておけばOK。数台は設定4にも5にも化けてくれるし、数台は設定1にも2にも化けてくれる」と。

この“ブレ”が6号機にも継承されているのであれば、ジャグラーはかなり期待できる。もちろん、高設定をツモるのが目的であり、最高のカタチであるが、最終目的はプラス収支である。

上ブレが皆無と言われている6号機市場で、アイムが拠り所となる可能性は高い。特に夜からの短期勝負をメインとする自分にとって、今回の実戦はかなり有意義な結果を得られたと言える。

12月14日にはアイムがデビューする

当然、多くの店がアイムはもちろん、5号機を含めジャグラー全体を押してくることが予想されるので、この機を逃すことなくガッツリ稼ぎたいと考えている。

その他の6号機アイムジャグラー関連の
取材やホール動向など下記をチェック!!
6号機アイムジャグラー取材

-アイムジャグラー(6号機), アイムジャグラーEX(6号機), 実戦
-, , ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.