スロプロ マイジャグラーⅣ 実戦

試しにボーナス確率の悪いジャグラーを打ってみたら…勝てた!!【銭ゲバジャグ戦記♯56】

2020年10月29日

家にいるときは自炊orインスタントで済ませている道化光です。

外出中の一人飯は苦手で、外食することはほとんどないが、例外がラーメン屋。なぜかあの空間だけは、一人でも耐えられるのだ。しかし、そんなラーメン屋が苦境に立たされているという。


※写真はイメージです

ラーメン店の倒産件数が過去20年で最多となっているというニュースを耳にした。今年1月から9月までで34件の倒産が報告されているそうだ。

昨年も多かったそうだが、それでも同期間での調査で27件。このまま行けば、年内に50件を超えるのではないかと言われている。


※写真はイメージです

もちろん、飲食店はジャンルを問わずに厳しいようだが、ラーメン屋はGo To Eat対象となっていない店が多く、特に数件の小規模チェーンや個人店はかなり厳しい状況にあるようだ。

ラーメン好きを公言している自分としては、大した力にならないことを重々承知で、積極的にラーメンを食していきたいと思う。特に1人ないしは家族で経営している小さな店を重点的に。

さて、今回も夜からの実戦なのだが、いつもとは思考を変えてお送りしようと思う。

思考を変えて…と偉そうに言ってみたが、正直言うと打つに値する良き台が見付からなかったので、逆転の発想というか、確率の収束を狙って確率の悪い台を打つことにした

長時間にわたっては無茶できないが、数千円なら遊びのつもりで…たまにはシャレで打つのもアリかなと。

今回のターゲット台は下記のマイジャグ4
総回転数 3506G
BIG 5回(1/701.2)
REG 9回(1/389.5)

余計なお世話だが、この程度のボーナス確率の台がなぜ3500Gも回っているのか?

想像するに、設定に無頓着なビギナー、あるいはハマリ台=そろそろ爆発するというオカルティックな打ち手が回したのだろう。

まあ、今回の自分の行動も、周りで打っている多くの打ち手からは「アイツ、なんであの台を打つんだろう? 低設定っぽいのに…」と思われているのだろうが…。

打ち始めの心境としては、とりあえず1ペカさせるまでとも考えたが、明らかなる低設定台にそうそう大金は使えない。したがって、上限を5000円と決めて実戦を開始した。

初ペカは43Gで投資は2000円。恐れていたREGスタートではなかったので一安心といったところ。

しかし、BIGの出玉はみるみる飲まれ、残りはクレジットのみになってしまう。やはり、追加投資は必須だったかと財布を取り出そうとしたら、残り8枚で告知が発生し、これもBIGだった。

そして、再び飲まれる寸前にBIGという流れを繰り返し、出玉がクレジットのみになったタイミングでチェリーで告知が発生。

このボーナスが恐れていたREGだった。REGの出玉でプレイできるのは70~80G前後、これを使い切った時にどうするか…悩みどころではあるが、追加投資せざるを得ない状況となった。

と言うのも、持ちコインがラスト4枚になった次ゲーム、つまり最終ゲームとなる予定だったゲームを消化したらペカったのである

残りが1枚なのでボーナスを揃えることは出来ても、ボーナスを消化できないため、追加投資となった。

さらに奇跡は続く。220Gを消化した段階で出玉の残りは3枚。そして221G目のレバーON時…またしても最後の最後にペカった。しかも、CHANCEの文字が赤く光っている

このプレミア告知からのBIG消化後、クレジットのみプレイして離席を決意した。

離席した理由は、このタイミングなら収支がプラスになるということ。次こそは出玉が全て飲まれるのではないかと恐怖に駆られたこと…この2つで十分だろう。

そもそも低設定濃厚なのだから、ヤメることに何の問題もない。問題があるとすれば、むしろここまで粘ったことではないだろうか。

今回の実戦データ
43 777 2K
201 777
198 777
220 REG チェリー
84 777 1K
221 777 1K
35 ヤメ

トータルデータ&実戦結果
総回転数 4508G
BIG 10回(1/450.8)
REG 10回(1/450.8)
投資 4000円
獲得枚数 318枚
収支 +2500円

最終的にBIG確率はかなり上昇したが、それでも設定1をはるかに下回る数値に収まった。そして、打ち始め時のREG確率は設定1と2の間であったが、終わってみればBIG確率と同じ1/450。

奇跡的にも収支はプラスだったが、BR共に設定1を下回っている…すなわち、九分九厘設定1だったのだろう。

さて、この日の晩飯だが、冒頭の予告通りラーメンである。

実戦店から幾分離れた駅にある某ラーメン屋。店主が(見た感じ50~60代くらいのオヤジ)一人で切り盛りしているようで、夜遅いこともあったが客は自分ひとり。

たっぷり目の背脂が上に乗っているため、見た目はこってり風味なラーメンなのだが、背脂をどかせてスープだけを飲むと、これが意外にもさっぱり風。

こってり好きな自分にはこの背脂は問題ないが、チャーシューがかたかったのはマイナスポイント。この店、また行くかと聞かれれば微妙だが、店主の踏ん張りに期待したい。

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, マイジャグラーⅣ, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.