アイムジャグラー 実戦

BIGばっかり引くアイジャグで押し引きに困った話し【こまどり日記 その48】

2020年10月11日

———専業あるある?

狙い台が取れなくて朝からアイムに


朝からアイムを打つ予定なんてなかったんだよ。この日は番長3の列orパネルor交互に…とにかく何かしらの法則に従って設定5・6(5多め)が入る。いつもなら抽選さえ受ければ台確保はできるって感じだったんだけど、この日は抽選の人数がいつもの倍以上になっていた。なんで急に!?って思ったけど、まあ理由は簡単。晒し屋ですわ。とりあえず実戦のことを書いて、後で晒し屋についての俺の考えを述べたいなと。

で、番長3に座れずとも朝イチの状況は確認しておきたいのでシマでウロウロ。うん。リセットかかってるな、なんてチェックしてたら打つ台がなくなっていたと。もうしばらく店内にはいたいので、空き台のアイムでお茶を濁しとこう…なんて思ってたんよね。

とりあえず朝の立ち上がりから。1台目は前日の良データ台を触ってみるも、ガックンするわブドウ落ちないわで2000円で移動。2台目のデータを追っていこう。

スタートは順調。そしてこの出玉がノマれるんだけど、ノマれた時点でブドウが1/6を切ってたんだよね。総ゲーム数598Gでブドウ100個。もうちょっと追ってみようと思うわけです。


バケが全然引けない。でもボーナス合算はメチャクチャ良好。好調だったブドウはと言うと…1298Gで200個。つまり約1/6.5に転げ落ちたってわけ。

さて、みなさんならどうしますか? 出玉はそこそこある、合算は良好、バケとブドウが悪い。普段だったら俺もヤメちゃうと思う。でも今日は店内状況の確認が主目的だからヤメたところで他にもっと良い台があるかと言われると…って感じ。

設定推測としては4とか5あたりになるのかな? まぁ機械割は100%を越えてそう。という総合判断で続行を決意。


すげぇ出た。2834枚。なんとなく「BIG引けてるし他に打つ台ないし出玉があるうちは打っててもいいか」なんて思ってたけど、普段だったらヤメてる台でこれだけ出玉をもらってしまうと、普段の判断基準が合ってるのか不安になる。

最終的には2802Gでブドウ426個だから…1/6.58だって。まあ設定6ではないだろう。アイム系は設定6しか分からないからなー。判別しながら打つのは怖いよ。となると、何度も言ってきていることだけどやはりイベントとかでジャグに設定がガッツリ入るって分かってる状況じゃないと粘りづらいなあと改めて思うわ。

ちなみにこの日の番長3は初期パネルが全5・6。たまたまアイジャグが吹いてくれたから良かったけど、こんなラッキーパンチは続くもんじゃないからね。しっかり狙ってしっかりツモっていきたいところ。番長3…ツモりたかったなあ。

———よく見るヤツ

晒し屋について

さて、冒頭で少し触れた晒し屋。どういうものかというと、ツイッターでどこの誰かも分からないヤツがどこから仕入れたものかも分からない情報を、あたかも見てきたかのように「◯◯店の番長3、6のつく日は半56はあるね!」みたいにツイートするというもの。

これって何なの?って話しなんだけど、ようはホールが自分で発信できないことを業者に頼んでるって仕組みなのね。専業にとっては自分のメシのタネを大声で叫ばれてしまうのでたまったもんじゃない。と同時に、知らなかった他店の情報が手に入るから美味しいって部分もある。一般の人にとっては無料で店の仕掛けがどんなものか知ることができるので良いことしかない。

で、トータルで見てみると店も晒し屋も専業も一般も得をしてるような気はする。「晒し屋にギャラ払うんだったら、そのぶん設定入れろ!」なんて意見の人もいるかもしれないけど、結局、店が設定を入れたところで客に気づかれなければ意味がない。さらに店から客に伝える手段がない。じゃあどうするかというと、晒し屋を使おうって結末に着地するのも納得かなと。まあ一番オイシイ思いをしてるのは晒し屋の人たちなのは自明の理。うまい商売を考えたもんだなと感心してしまうよ。

あと最後にもう1つ。今は6号機が主体になってきて稼働時間が伸びたことと、ジャグ稼働率が下がったのであまり実のあるデータが取れなくなったことが重なって、今まではほぼ毎週更新してたけど、今後は不定期更新になります。

俺のコラムを楽しみにしていてくれた人(いるのか?)や編集部の人たちには申し訳ないけど、そういう形になることをご了承ください。忘れられない程度には更新していくつもりですので、よろしくお願い致します。

こまどり日記

パチスロで生計を立てている「こまどり」の実戦記。ただし、ジャグラーを打った日のみをピックアップして書いていきます。スロプロはどのようなスタンスでジャグラーと向き合っているのか…? ジャグラーの立ち回りの一助となれば幸いです。こまどりの自己紹介は初回のコラムにて

-アイムジャグラー, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.