スロプロ マイジャグラーⅣ 実戦

ジャグラーのヤメ時について、設定状況も含めて真剣に考察【銭ゲバジャグ戦記♯47】

2020年8月27日

先日読んだ週刊誌に“多くの政治家や官僚がコロナを放っておいて、ある程度人口が減ること…。とりわけ高齢者の人口が激減することを望んでいる”という内容の記事があり、驚かされたとともに一瞬背筋が寒くなった道化光です。

政治家よりもむしろ役人で密かにそう望んでいる人が多いらしく、高齢者が大量にいなくなることで都合のいいことがたくさんあるのだそうだ。

読んだ直後こそ、まさかそんな恐ろしいことを考えるものだろうかと思っていた。

しかし、よくよく考えてみれば、年金・介護・医療など、我が国が抱える多くの難題が一気に解決する。そうなれば、税金や保険料など現役世代の負担も軽減される可能性が高くなり、多くの人が幸せになる、とこういうワケだ。

コロナに対する国の無策っぷりには、そういった思惑が隠されているのかもしれない…そんなことを考えていたら益々怖くなってきたし、なぜか頭まで痛くなってきた。

あ~ヤメヤメ!!

難しいことは政治家や官僚の天才・秀才たちに任せて、自分は本分であるジャグラーと真剣に向き合おう。

さて今回は、最近のジャグラーの見切り(ヤメ時)事情について触れながら実戦していこうと思う。

前回、イベントを例に設定配分の厳しさを語らせてもらった。

しかし、足繁く通っている店でも、現状の設定配分が厳しくなれば見切りのタイミングも見直して然るべきだし、新規開拓した店ならば基準はよりシビアにすべきだと、考えつつ実戦に挑んだ。

もちろん、見切りを考えることなく閉店まで完走できればそれに越したことがないのだが…。

実戦店舗は4~5年前に一度だけ覗いたことがある店で、神奈川のターミナル駅に隣接する店舗。一応、旧イベント日を選んだが、ジャグラーが対象となるかは不明なまま、実戦を開始した。

ターゲットは、マイジャグ3と同等に設置台数が多いマイジャグラーⅣ。オーソドックスに3日間ヘコんでいる台の上げ狙いにした。

開始早々、単チェリーからBIG降臨。完全にオカルトだが、その日の始まりがBIGかREGかで成績はかなり変わるように感じる。

もしも、波というのがあるのなら、設定変更後1発目のボーナスがBIGかREGかでその後の展開が(モードのようなもの!?)内部で決まっていたりして…。

そんな愚にも付かないことを考えつつ消化していると、出玉が飲まれる寸前に先ペカが降臨。チェリーでないことを確認し、ボーナスを揃えたら若干設定差のあるREGであった。

その直後にも単独REGを引くものの、出玉は飲まれてしまう。

追加投資1000円でペカるも、またしてもREG(チェリー同時)。設定的には期待できるのだろうが、持ちコインが欲しいので、BIGを引きたいところだが、更なる追加投資後も単独REG

ここまでBIG1回、REG4回。正直心が折れかけていたが、REG確率が設定6を振り切っているし、続行せざるを得ない。さらに、2桁ゲーム数で3ペカするも全てREG。その後100G台でREGを引き、都合8連続REGという地獄の展開となった

2桁連チャンが続いたおかげで追加投資はなかったが、BIG間767Gハマリの末2回目のBIGが降臨。しかし、この日BIGを見るのはこれが最後となってしまった。

その後、追加投資(総投資9000円)を挟んで2回REGを引くが、その出玉が飲まれたタイミングで離席を決意した。

今回の実戦データ
31 777 チェリー 1K
208 REG
50 REG
97 REG 1K
140 REG 3K
24 REG
15 REG
36 REG
137 REG
60 777
241 REG 1K
149 REG 3K
72 ヤメ

今回の実戦結果
総ゲーム数 1260G
BIG 2回(1/630.0)
REG 10回(1/126.0)
投資 9000円
収支-9000円

早い、明らかに見切りが早い…我ながらそう思う。REGは設定6の2倍近い数値で引けているのだから。

ただ、コロナ禍である現状と、勝手を知らぬ店ということを考えると、これ以上のリスクは負えない…そう判断した。

この判断が正しかったかどうかは、是が非でも確認したい。しかし、今回の実戦店は自宅から遠いので、帰宅すると面倒なので、100%超のノーマルタイプで繋ぎつつ夜を待った。

100%超の台で何とかプラス域に持っていった19:00過ぎ。コインを流し、結果を確認するためにマイジャグⅣのシマへ向かった。

マイジャグラーⅣの結果
総回転数 3879G
BIG 13回(1/298.3)
REG 18回(1/215.5)

ボーナス出現率はBIGが設定1以下、REGが設定6以上となった。高設定の引き弱でBIGが引けなかったのか、低設定の引き強でREGを引きすぎたのか、正直全くわからない。

ひとつ言えることは、離席は正解だったということだろう。

マイジャグⅣも含め、他のジャグラーを見ても、粘る価値がありそうな台は見受けられなかった。

やはり、設定配分が不透明だったり、イベントの詳細を掴んでいなかったり、リスクがあるときは、無理をせずに見切ることが肝要となるようだ。ましてや、経営が苦しいコロナ禍では尚更である。

ひと通り確認した後にこの店舗は使えないという結論に達し、この日の実戦は終了した。

さて、この日の夕食は100%超えの台で収支はプラスになったので、実戦店舗からほど近い某有名つけ麺屋で、最近新商品として推している“油そば”を食した。

麺はつけ麺用のそれと同じく、コシの効いた極太麺。油そばとは言いながらそれほどコテコテ感はなく、半熟卵がまろやかにしてくれたので、大盛り(同一料金)を難なく平らげることができた。

次は王道のつけ麺…といきたいところだが、この実戦店舗は使えなそうなので、このつけ麺屋にも当分来ることはなさそうだ。

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, マイジャグラーⅣ, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.