スロプロ 実戦

困ったときにはジャグラー夜実戦が勝利に繋がる!!【銭ゲバジャグ戦記♯45】

2020年8月13日

“食”に大したこだわりもなく、当コラムでもマイナス収支やショボ勝ちの場合は、カップラーメンやスナック菓子で済ませることも少なくない道化光です。

そんな自分でも好物と呼べるものが2つあり、それがカレーとラーメン。特に後者は食べ歩きまでするほど好きで、当コラムでも何度か紹介した。


※銭ゲバ#17のラーメン

最近は猛暑が続いているため遠ざかってしまっているが、涼しい日の夜かつ実戦の収支が数千円以上のプラスであるタイミングがあれば、新店開発にチャレンジしてみたいと思う。

話は変わるが、自分が行っているホールだけだろうか?

あくまでも個人の感想だが、最近イベントが減少しており、加えて残っているイベントも信頼度が極端に落ちているような気がしてならない。そうなると、頼りになるのは旧イベのみとなるのだが、これも打ちに行けるレベルである店は数える程しかない。

そんな状況にあるため、このところ朝イチから並ぶという日は数える程しかなく、多くの実戦が昼以降の勝負となっている。

そんな流れもあって、今回はとある夜実戦の結果を書いていきたいと思う。

以前から推奨していたのは21:00ないし21:30からの実戦開始だが、この時間からの実戦を目指すには遅くとも20:00には店にいる必要がある。

理由は簡単で、打ちたい時に打つに値する台があるわけではないからである。打つべき台を発見するまで、少なくとも20~30分ぐらいは掛かるのである。

こういった台の発掘事情にも最近は若干の変化が見られる。

設定6を振り切っているような台は、22:00ぐらいに空くか閉店まで打たれるケースも多いが、設定5か6か微妙な台は20:00~21:00ぐらいに放置されているケースもソコソコあったのだ。

だが、ここ2週間ほどだろうか、良質な空き台が見付け難くなった。高設定の絶対数が少なくなっているという見方もできるだろうが、打ち手一人一人が以前よりシビアに立ち回っているとも言えるのではないだろうか。

今回も入店は20:00ぐらいながら、見付けて着席したのは21:50。もう諦めて帰ろうかと思った時に空いたマイジャグラー3である。

空き台のデータ
総ゲーム数 6895G
BIG 28回(1/246.2)
REG 30回(1/229.8)
現在のゲーム数 67G

着席時のボーナス確率はBIGが設定5と6の間、REGが設定6以上の台である。前任者は小役をカウントしていたので、設定6ではないと判断してヤメたと考えられる。満足ヤメの可能性もあるが。

いつもながら夜から実戦を行う場合は小役のカウントを省くことにしている。

21:00以降の実戦では、回せてもせいぜい1500Gくらい。この程度のゲーム数ではカウントしたとこで設定看破精度的には怪しいものだし、総回転数が十分で尚且つボーナス確率が設定5以上の台に座っている時点で、もはや必要ないとも思える。

そして何より、時間がないので極力タイムロスを避けたいから、小役はカウントしないと決めている。

話を戻すが、初ペカは4000円でBIG(チェリー同時当選)である。

2桁でBIGが連チャンし、次はクレジット内で設定差がより大きな単独REGをGET。設定看破は必要ないと書いておいて何だが…この段階で設定6の可能性は極めて高いと確信する。

さらに、速攻でBIGを引き、ある程度の出玉を確保したところで、若干のハマリを喰らう。といっても、BIG1回分の出玉が飲まれた程度のハマりなので、大事には至らなかった。

その後は2桁ゲーム数でREGが3連(内、2回が単独当選だった)。ここで、閉店となってしまった。余談だが、会員カードを持っていなかったため、22:45でストップと宣告されてしまった。

今回の実戦データ
101 777 4K
87 777
19 REG
26 777
240 777
43 REG
75 REG
13 REG
0 ヤメ

今回の実戦結果
総ゲーム数 604G
投資 4000円
獲得 791枚
収支 +13000円

約600G消化して、BIGが4回のREGが4回。自分が実戦した区間はもちろん、前任者とプラスしたトータルデータでもBR共に設定6以上のボーナス確率でフィニッシュした。

このパターン・このペースで毎日勝ち続ければ、なんとか生活できるが、前述したようにイベントが減って朝から高設定をツモれる頻度が減り、さらに夜から良台を拾えるケースも減少している。

そのため、今後のジャグライフはより厳しいものになる…そんなことを考えていたら、今回の勝利も素直には喜べずにいた

この日の夕食は、冒頭でも触れたラーメンの新規開拓を行った…のだが、検索→吟味して決めた店舗は、コロナ対策により時短営業であったため閉店。仕方なく比較的評判の良い近くの店舗で、人気の坦々麺を食した。

美味しかった…。美味しかったのだが、そもそも坦々麺がそれほど好きではないという事実に、目指していたモノを食べられなかったという悔しさが加わったからか、ネットで評価されているほどの感動は得られなかった。

コロナの時短営業にも対応できるよう、次回は早い時間に切り上げるべく、イベントを最大限に活用し、朝イチを含めた早めの勝負にチャレンジしたいと思う。

銭ゲバジャグ戦記

道化光(どうけひかる)の立ち回りは“勝つために手段は選ばない”スタイルで、強い特定日があれば朝イチから並ぶし、緩いホールがあれば夜からの後ヅモをも厭わない。また、ガチの実戦記の他にジャグラーに対する探究心から、様々なことを突き詰める検証実戦などもするコラムとなっている。

-スロプロ, 実戦
-, ,

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.