スロプロ 実戦

入れ食い!? 自粛明け後のジャグラーは思った以上に◯◯だった!【スロプロのジャグ考察⑩】

2020年7月1日

スロプロ本来のスタイルに戻りましたね

こんにちは、難波キーノです。自粛期間が明けてのパチスロライフ、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は従来通りにパチスロ生活へ戻り、充実した日々を過ごしております。

約2ヶ月振りということで、実際にパチスロ生活へ戻った当初は多少の違和感を覚えました。しかし、それもほんの数日だけで、気付けばパチスロを打つことが当たり前になっているという。改めて人間の適応力って凄いなと思いましたね(笑)。
前回のコラムでは自粛明け後のホール状況を予想して、“新台が狙い目”なんて話をしたと思うのですが、実際はどうなのか。自粛明け後の新台は「サラ番2」が注目機種でしたが、自分の見ている範囲のホールではサラ番2はビックリするほどの低稼働。なんでここまで動かないのかと、疑問に感じるほどの状況になっています。皆さんの周りはどうですかね?

それに伴い、新台の設定状況が特に優遇されている気配はなく、既存の台に力が入っている印象のほうが強い。なので、“新台が狙い目”は完全な的外れでした。もちろん地域差が大きいと思うので、自身の知りうる地域での話になりますが。

コロナの影響で5号機の設置期限が延びたことも影響しているんですかね。6号機よりも5号機を使おうと考えているホールが多いのかもしれません。コロナによる変化はまたいつ訪れるかわからないので、引き続きホールをチェックしつつ対応していくしかありませんね。
さて、今回は久しぶりにジャグラーの実戦記でも書いてみようと思います。最近はジャグラーを打つ機会が減っていましたが、自粛明け後は珍しく打つ機会があったので、今回はその稼働の一部を振り返ってみましょう。

★6月某日

この日はSNSでノーマルタイプ示唆の内容が送られて来たホールへ行き、朝イチはバラエティのクレアを確保。ここでジャグを選ばないのは単純にスペックの問題で、クレアのほうがスペック・設定看破ともに優秀という理由からです。

クレアは終始微妙な挙動でしたが、ヤメるほど悪くないのでダラダラと打ち続ける展開。設定6の線はほぼないけど、設定4くらいは…みたいな。他に良い台が空けば移りたいので、夕方以降はジャグのシマをチェックして移動先を探していました。
したらば20時過ぎになって打てそうなマイジャグラーⅢが空く。5348Gで26の20。これなら中間っぽいクレアよりは期待値が高いと思うので迷わず移動しました。

1回目の初当たりは打ち始めて320Gでビッグ。いきなり10Kも使ってしまいましたが、そこからはボーナスが軽く、ほぼ200G以内に当たる展開。以下、全データです。

320ビッグ(10000円)
44バケ
144ビッグ
58バケ
96バケ
24ビッグ
93バケ(チェリー)
209ビッグ
112バケ(チェリー)
103バケ
94バケ
3バケ
27バケ
125ビッグ
47バケ
41ビッグ
107ヤメ 990枚回収
個人のボーナスは1674Gで6の10。バケに寄ったので思ったより出ていませんが、ボーナスが1/100で当たれば上出来ですよね。前任者と合わせたデータは6995Gで30の32、合算は1/112。ノーマルタイプが強い日でこの挙動なら普通に設定5・6でしょう。打ち始めたときよりもバケが良くなっているし、6の可能性も高いと思われます。マイジャグの5・6濃厚台は久しぶりに打ったかも。

収支+30K(他機種込み)

★6月某日

この日は設定5・6が2~3台並びで投入される傾向のホールへ。朝イチは6号機を数機種触ったのですが、手応えナシで早々にヤメ。そのあとしばらく回遊していると、マイジャグⅢで当たっている台が出てきたので、その隣の朝イチ110Gノーボーナス台を並び狙いで打つことにしました。

打ち始めて25G、投資1000円でビッグが食い付き、ここから怒涛のボーナス連打が始まります。以下、全データです。
25ビッグ(1000円)
127ビッグ
3ビッグ
27ビッグ
7ビッグ
99ビッグ
17ビッグ
130ビッグ
6バケ
1ビッグ
73ビッグ
あり得ないくらいのビッグ連打。515G消化で10の1。ビッグ出現率は約1/50(笑)!! 一気に2400枚ほど出ました。

で、この一連の連チャン中に隣の台のボーナス出現率が急落していたので、並びの可能性が下がったところでヤメ。ほぼピークの出玉でヤメることができました。これがデカい。

自身の台のボーナス出現率はヤメにくい数値ですが、並びで設定が入るときは単品がほぼ入らない特徴があるので、後腐れなくヤメることができました。いわばホールの特徴を活かした勝利とでもいいましょうか。サクっと出してサクっと帰る。ツモれなかった時の理想型とも言える勝ち方ですよね。

収支+38K(他機種込み)
自粛明け後に打ったジャグラーは短い時間しか打っていないので、全体の稼働から考えればほんの一部に過ぎません。ただ、しっかり出てくれたので印象には残っていますね。

ちなみに、ジャグラーの設定状況は特に変化ない感じで、使ってる店は使ってるし、出ていないところはまったく…といった感じ。ジャグラーの客を飛ばすホールは今も昔も基本的にダメなところが多いので、自粛明け後でも稼働が付いているホールが狙い目なのは間違いないでしょう。

7月はどのような稼働状況になるのかわかりませんが、自粛明け直後の6月よりは状況が好転するホールは多く出てくるのでは…と予想・期待しています。6月の出玉を絞っていたホールは狙い目になるかもしれませんね。その辺りの話は今後のコラムで話していけたらと思います。

それではまた!

スロプロのジャグ考察

スロプロ歴約20年の難波キーノによるジャグラーの現状考察。イベント規制の地域差やパチスロに対するスタンスも人それぞれなので、参考程度に読んでもらえればなと。毎月上旬に記事更新予定!

-スロプロ, 実戦

Copyright© ほぼ毎日ジャグラーニュース , 2021 All Rights Reserved.